平日コンテンツ

今年のダービーも間近


毎年の事だが、早いものでホースマンの夢であり目標でもある『日本ダービー』が近づいてきた。
昨年は、『ドゥラメンテをどうやったら負かせるか』が各陣営のテーマだったが、結果的に、そのドゥラメンテ城を崩す事は出来なかった。そして、その同世代リアルスティール、キタサンブラック、サトノクラウン、アンビシャスなどが目覚しい活躍を見せ、世代レベルの高さを、そしてその中で王者として君臨したドゥラメンテの存在を、より強く印象付けた。
「レベルの高い世代」そう言われていた2015年組。しかし今年、その2015年組のレベルの高さを認めつつも、驚くことに「昨年以上では」という者が多い。一冠目の皐月賞の戦前から言われていた事だが、その皐月賞のレース後、「やっぱり今年は相当なハイレベル」と囁かれた。恐らく、皐月賞上位入線の5頭は、例年の年ならみな勝ち馬になっているだろう。しかも「三冠か…」と騒がれるくらい圧倒的存在で。それほど、熾烈でありながらも衝撃的な結果だった。展開が嵌っている事は確かだが、休み明けでしかも大外枠、それを差し切るだけでなく抜け切ってしまったディーマジェスティは、厩舎と生産牧場で人気にならないだけで、ノーザン系の良血期待馬と全く遜色ないポテンシャルを持っている。思い起こせば、マサヨシも早い内から「この馬でクラシック」と決めていたそうだし、厩舎の期待も相当に高かった。マサヨシにすれば悲願のダービー、そしてエルコンドルパサー、ナカヤマフェスタで忘れ物をしてきた凱旋門賞へ向け、その忘れ物を取りに行ける感触も掴んでいる事だろう。
2着マカヒキも、父と同じローテーションで挑み、勝利は飾れなかったものの、その父同様にポテンシャルの高い走りを見せた。そして3着サトノダイヤモンドも、父とは違うイメージではあるが、あの速いレースを好位で追走し、終いまでしっかり伸び切った事は収穫。本番を見据えた仕上げだっただけにまだまだ上積みはあるだろう。何より、昨年のダービーで2頭出走させて2・3着と、あと少しのところで悲願達成ならなかったオーナーの里見氏、今年に懸ける思いは相当に強いだろう。
もちろんこの他、自らの皐月賞は当然、兄エピファネイアのリベンジもあるリオンディーズ、母が苦汁を舐めた東京芝2400mの舞台で、やはりリベンジを誓うエアスピネルもその走りは注目だろう。そして、ハイレベルなのは皐月賞だけでなく、トライアル、前哨戦も相当なモノ。青葉賞を勝ったヴァンキッシュランは凱旋門賞にも登録、キズナ路線を歩んで来たスマートオーディンも、そのキズナを彷彿させる内容で連勝してきた。
今年も役者は揃った。あとは誰の悲願が成就するのか…今年もダービー史に新たな1ページが加わる。


名前の出せない元JRA調教師

名前は出せないが父も調教師だった競馬一家。幼少期から身近に馬がいる環境で育ち、サークル内の表も裏も見てきた人物。現役当時、ココと決めたレースに向けた勝負仕上げには定評があり、若い調教師の兄貴分的な存在でもあった。今でも後輩調教師が教えを請いに訪れてくるという。昭和の時代の美浦トレセン開業当時も知る一人、「美浦で知らないことはない」という自他ともに認める美浦トレセンの生き証人でもある。現在もサークル内に非常に近い立場でその手腕を振るっており、現代競馬の事情や実情を、ある意味現役の調教師以上に知る人物でもある。



Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP