平日コンテンツ

共同通信杯 ウオッカでの初制覇から10年、四位騎手のダービーV3に期待

先週日曜日に東京競馬場で行われたGⅢ、第51回共同通信杯。牡馬クラシックを見据え、今年期待の有力馬が揃いました。

共同通信杯といえば、過去の勝ち馬を見るとアイネスフウジンにナリタブライアン、エルコンドルパサー、ジャングルポケットやゴールドシップ…競馬好きであれば知らない者はいないビッグネームがずらりと並びます。のちの活躍はもちろんのこと、本格的に名が売れる前の(しかし能力の高さを感じさせる)これら名馬たちの共同通信杯の走りを、今もなお鮮明に記憶しているファンも多いのではないでしょうか。


記録と記憶に残るような名馬がこのレースで現れるかもしれない。そんな期待をこめて観戦したこの3歳馬たちのレースを制したのは2番人気スワーヴリチャード。

鞍上は僕が個人的に好きなジョッキーである四位騎手です。
10年以上前から公言していますが、彼の騎乗姿勢が一番好きなんです。騎乗するにあたっての心構えという意味の姿勢ではなく、単純に乗っている体勢のこと。鐙の短さといい、重心が低くて馬の首に張りつくように乗る姿はじつに格好良く惚れ惚れします。彼のように格好良い騎乗姿勢の騎手が勝つのは観ていて大変に気持ち良いものです。

レースは、スタートを無難に出し好位につけ、集団で折り合いながら進みました。この馬だけでなくレースの流れに早めに対応できず折り合うのに時間がかかる馬が多かったように思いますが、まだ経験が少ない若馬ばかりなのでこれは仕方がありませんね。

内の1枠1番を生かしスワーヴリチャードは道中も最内でじっと我慢。直線まで楽な手応えで4コーナーを回り、その後は追い出しを待つだけの余裕すら感じられました。四位騎手には、相手の馬が外から追い込んでくるのが見えはじめたところで一緒に追い出しても十分に間に合うとの自信と手応えがあったのでしょう。そのとおり残り200mからは独走、完勝といえる内容でした。

四位騎手は昨年末のGⅠ・朝日杯FSをサトノアレスに騎乗し優勝しましたが、クラシック戦線ではその2歳王者ではなく、おそらくデビュー戦から全て手綱をとっているこのスワーヴリチャードで挑むのでは。名牝ウオッカで制した2007年からちょうど10年(翌年連覇していますが)の今年、再び四位騎手がダービーを制覇する姿が見られるか。ひそかに楽しみにしています。


期待していた1番人気馬ムーヴザワールドは3着。
前走の東スポ杯2歳Sでは2着スワーヴリチャードにハナ差の3着に敗れましたが、この日の返し馬を見ると大きなフットワークで全体がじつに柔らかく、かなり良い感じに映ったので“これは勝てそう”と思っていました。

勝ち馬と同じようなポジションでレースを進めて、折り合いも見た目には悪くありませんでしたが、1つだけ気になったのが、馬の首が窮屈そうで頭が僅かに高く見えたこと。これはこの馬の癖というか走るときの姿勢なのかもしれません。ただもう少し首・頭ともに低くして一完歩ごとのストライドに合わせて上下する感じの方が良さそうに思います。あの姿勢だと息が入りづらい気がします。
直線まで良い流れで進みながら、追い出すと手応えのわりに伸びていかず、もしかしてエンジンのかかりが遅めで決め手勝負だと分が悪いタイプかもしれません。距離がもう少しあると良いのかな。とにかく次走に注目したいと思います。


もう1頭、良血で人気のあるエアウィンザーは中団で追走も6着で「ついていくのが精いっぱい」との武豊騎手のレース後コメントがありました。しかし何といっても昨年のクラシック戦線を盛り上げた1頭エアスピネルの全弟。こんな内容の競馬をする馬ではなく、今回は体調面か精神面でかわかりませんが何かがあり、若さゆえの脆さが出たのかもしれません。見切るのは早すぎます。



Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP