重賞コンテンツ

『長き苦悩を力に変えた晩生のストライカー』


【2010年 阪急杯】

スピードタイプを量産していることで知られる西園正都厩舎にあっても、エーシンフォワードは01年阪神ジュベナイルフィリーズ(タムロチェリー)に続いて登場した貴重なG1ウイナー。トレーナーは若駒時代をこう振り返る。
「アメリカの2歳トレーニングセール出身でも、メジャーな産地の生まれではない。早い時期に目一杯の鍛錬を積んではいなかったんだ。新馬(07年10月の京都、芝1400m)を勝った後、騎乗した祐一くん(福永騎手)が『次はどこの牝馬限定ですか』って聞いてきたくらい。線が細く、人が大好きな甘えん坊でね。女の子だと勘違いしても不思議はないよ」
 父はストームキャット系のフォレストワイルドキャット。米5勝のウェイクアップキス(その父キュアザブルーズ)が母である。ファシグティプトン社のコールダー・セレクテッドに上場され、29万ドルで落札された。
 同条件の500万下をあっさり卒業。重賞戦線へと駒を進める。ただし、NHKマイルカップ(10着)、さらにダービー(15着)と懸命に駆け抜けた反動か、その後は長期のスランプに苦しんだ。4歳時に8か月間のリフレッシュを挟んでたくましくなり、ようやく軌道に乗る。六甲アイランドSで2年ぶりに勝利を収め、ファイナルSも連勝。充実の5歳シーズンにつなげた。
 ニューイヤーS(クビ差の2着)、東京新聞杯(3着)と惜敗が続いたものの、ベストの1400mで念願のタイトル奪取がかなった。阪急杯のパフォーマンスは鮮烈。直線でインをこじ開け、一気に1馬身半の差を付ける。さらなる飛躍を予感させた。
「3歳時も素質だけでアーリントンCやニュージーランドトロフィーを2着。デビュー当時と比べて20キロ以上も体重が増えたように、決して早熟ではなかった。骨格にふさわしい筋肉が備わり、しっかり鍛えられるように。闘争心を高め、精神的にも変わってきた」
 外々を回りながら、高松宮記念をハナ+クビ差の3着。スプリントでもトップクラスの力を実証した。安田記念は10着に敗れたといっても、6ハロン通過が1分7秒6というハイラップを刻んで逃げたものだった。
 秋シーズンにまたひと皮むける。緒戦のスワンSこそ8着だったが、マイルCSをレコードタイムで優勝したのだ。
「すべてが噛み合わないと勝てない舞台。距離ロスのない好騎乗が光ったね。でも、スワンSが1番人気だったのに、13番人気まで急落。ちょっと評価が低すぎると、内心は燃えていたんだよ。久々だったのに攻めすぎた反省があったので、10キロプラスの理想的なスタイルに戻しての出走。状態には自信があった。馬もやる気満々。鞍を置くときから目玉が飛び出しそうなくらいに気合いが乗って、いい競馬ができそうな予感がしていた」
 レース直後、香港マイルに駆け込みで申し込みを済ませた。飛行機での輸送を経て、不慣れな環境で体を減らしながらも、世界のトップクラスを相手に4着(0秒21差)と健闘する。
 6歳シーズンは精彩を欠いたものの、トップクラスを相手に7戦を消化。ラストランとなった兵庫ゴールドトロフィー(4着)では、不慣れなダートにもかかわらず、後方から脚を伸ばした。
 レックススタッドで種牡馬入り。集まった繁殖は少なく、いまのところJRAで勝利した産駒はいないが、驚くべき変貌を遂げた競走生活と同様、一発長打を期待したい。
 


第54回 阪急杯(GⅢ)
1着エーシンフォワード 牡5 56 岩田康誠 西園正都
2着ワンカラット    牝4 55 藤岡佑介 藤岡健一
3着サンカルロ     牡4 58 吉田豊  大久保洋吉

 単勝  440円
 枠連  460円
 馬連 2,770円
 馬単 4,510円

3連複  11,570円
3連単  48,640円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP