平日コンテンツ

阪急杯 すべての状況を味方につけたベテラン幸騎手の的確な手綱捌き

1回阪神競馬日曜のメインレース、GⅢ第61回阪急杯は7番人気トーキングドラムが優勝。

スタートから半マイル通過が45.5秒と速いペースになり、前を行く馬には厳しい展開でした。ジョッキー達は全員それを当然わかっているので、前につけていた場合はゴールまで脚がもたないだろうと感じていたし、逆に中団から後方でレースを進めている騎手にはお誂え向きの流れになったと、心の中でほくそ笑んでいたことでしょう。

レースにおいて後方から行くときは、前の馬たちをどう捌こうか、どこを通って上がっていこうかと考えて乗りますが、今回はトーキングドラムの鞍上・幸騎手も、このうってつけの展開でチャンス到来、後ろから抜け出すタイミングをうかがいつつ1枠2番を生かして内側につけレースを進めました。

最後のコーナーを回っても慌てず焦らず、ここぞという隙を見つけたその瞬間に一気にスパートをかけて、最後は1枠1番から先頭に立ってレースを引っ張ったカオスモスのイン、まさに内ラチギリギリのところを突いて上手くすり抜けてきました。2着馬に差されるか、という場面でも絶対にハナを譲らずゴールまで粘った馬の勝負根性も立派でした。


内側を狙えば距離ロスがない分、馬への負担も少なく有利なのは皆わかっていますが、前に壁ができて詰まったり挟まれてしまって追えない状況に追い込まれ、脚を余して終わることも多々あります。だから差し脚に自信があって圧倒的な人気を背負った馬などは、距離ロス上等、絶対に邪魔が入らない大外からぶん回していくようなレースをしますよね。リスクを考えれば当然でしょう。

今回のトーキングドラムは7番人気でそれほどマークがきついわけではなかったのもあり、ある程度自分の思いどおり上手く乗ることができました。しかしそれは幸騎手がそういう状況、つまり「枠順・人気・メンバー構成・ペース・抜け出る場所」など全ての要素を把握していたからこそ。
よく『ハマった』という言葉を使いますが、状況を味方につけたうえで馬が全力を出せるような騎乗をするのがジョッキーの仕事です。幸騎手のベテランらしい腹の据わったレース運びと、冷静で的確な判断力が勝利の要因かと思います。


2着に4番人気ヒルノデイバロー、3着は最低(12番)人気のナガラオリオン。
この2頭も後方待機ですが、おそらく流れが速すぎて前に行くことができなかったのでしょう。基本的に競馬は好位にいるのが勝負になるし、勝率も良いはず。後方から行ってごぼう抜きするような末脚勝負の馬は別として、スタートを切ったら大抵のジョッキーが好位集団でレースを進めたいと考えています。今回の2・3着馬はそれができず後方に位置。ただし、後方の位置取りが悪いと一概には言えず、流れさえ向けば直線で一気に逆転も可能。実際このレースはそういう流れでした。

2頭に乗った古川騎手・国分優騎手は、直線に向いてなお手応え十分、追い出すと想像以上に伸びてくれた馬の走りに、前の馬が止まって見えたのではないでしょうか。今回は、すべてが流れの中でのポジション取り、その違いが結果に表れたように思います。


1.6倍の断然人気に支持されたシュウジは8着。
敗因はテンションの高さでしょうか。レース前からイレ込みが激しく、ゲートが開いてもかかりっぱなしで3・4番手を追走しましたが、あの速い流れでかかってしまっては、直線に入ったら手応えはほぼ残っていません。鞍上の川田騎手もマズいレースをしてしまったと自覚しつつ乗っていたのでしょう。シュウジがここで快勝するようなら春の短距離戦線の主役間違いなし、でしたが…。

前走、同距離1400mのGⅡ 阪神カップを勝ち、2歳時には1600mのGⅡデイリー杯2歳Sでエアスピネルの2着にきているので、今回の距離が長すぎるわけではないと思いますが、このテンションだと1200mが向くかも?高松宮記念でどう変わるか注目したいところですね。



Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP