重賞コンテンツ

『スマートなボディーに詰まったあり余るエネルギー』


【2008年 フィリーズレビュー】

 良血の高額馬でなければ出世できない傾向が進むなか、G2で2勝をマークしたマイネレーツェルは、2006年の八戸市場においてわずか200万円で購買された異色のヒロイン。生まれ故郷の佐々木牧場(青森県三戸郡南部町)では、この世代に2頭しか生産していない。ラフィアンターフマンクラブでの募集価格は総額800万円だったが、1億7300万余りの賞金を収得した。
 母ケイアイベール(その父サクラユタカオー)は不出走。他に目立った活躍馬を送り出せていないファミリーだが、ドバイシーマクラシックや香港ヴァーズを制した底力を産駒に伝え、種牡馬として大成功しているステイゴールドの産駒である。父に似た華奢なスタイル。400キロ程度のどこに、あれほどのエネルギーが潜んでいるのか不思議に思えた。
 同馬を手がけた田中大輔調教助手(現在は藤原英昭厩舎)は、こんなエピソードを話してくれる。
「デビュー当初は、他厩舎のスタッフから『アンちゃん、やけにかわいい馬に乗ってるな』なんて、よく声をかけられました。『これ、新馬を勝ったエリートです』と答えると、みんなびっくり。でも、これまでに味わったことのない感触は得ていましたよ。全身を無駄なく使えますし、バネがすごいんです」
 田中さんは、クラブ会員には馴染みの顔。五十嵐忠男厩舎に在籍した10年間に20勝以上の勝利を味わったが、そのうち15勝が「マイネル軍団」所属馬。かつてはマイネルプレーリー(4勝)、マイネルフォース(4勝)らにも愛情を注いだ。この相性の良さもミラクルといえる。
 2歳7月の小倉(芝1200m)で鮮やかな差し切りを決めると、常にトップクラスと渡り合ってきた。フェニックス賞はクビ差の2着、小倉2歳Sも3着、ファンタジーS(8着)を経て、白菊賞では2勝目をマーク。フェアリーS(3着)、紅梅S(6着)、エルフィンS(4着)と勝ち切れなかったとはいえ、どんな舞台でも、いくら強豪が相手でも、簡単に崩れなかった。
 初のタイトルを奪取したのがフィリーズレビュー。11番人気(単勝53・1倍)の低評価に反発するかのように、大外一気の末脚を爆発させた。ゴールに向けて11秒6、11秒8、12秒4と上がりを要するタフな展開となり、上位5頭が横並びになる大接戦。勝負根性でもぎ取った栄光だった。
「相変わらず幅はなくても、使われながらパワーアップ。きっちり必要な量しか食べませんし、調教内容にかかわらず、毎日、体重が変わらないんですよ。自分で体をつくっちゃう。こちらはオーバーワークにならないよう、気を付けるだけでいいんです」
 同馬向きの調整方法がしっかり確立。心身のコントロールにプールを活用。1週前にジョッキーが跨り、直前は田中助手でソフトに追い切るパターンも定着していた。競馬場では激しくイレ込むのが常だが、その対処策も万全。田中さんが視界に入れば、パニック状態にはならない。装鞍所への出発時間まで出張馬房の前に椅子を置き、田中さんは座り続けていた。
 桜花賞はコンマ3秒差(6着)。9着に敗れたオークスにしても、敗因がはっきりしていた。騎乗した武豊騎手は「不利がすべて。直線に向いたときはぞくぞくするような手応え。まともならば」と振り返った。
 4か月間のリフレッシュを終え、ローズSに向かう。久々でも状態は最高といえた。ムードインディゴ、レジネッタとの熾烈な追い比べを凌ぎ切る。2つ目の重賞制覇もハナ差だった。
 全力を尽くした反動があり、秋華賞は15着。エリザベス女王杯(4着)や愛知杯(3着)で復調を示したが、以降はなかなか調子を取り戻せなかった。5歳11月(アンドロメダSを9着)まで29戦を走り抜け、繁殖生活に入った。
 初仔が現3勝のマイネルネーベル(牡5)。マイネルブロッケン(牡3)も、初勝利を目指して健闘中である。あり余る闘争心やタフな体質を受け継いだ逸材の登場を心待ちにしている。
 


第42回 報知杯フィリーズレビュー(GⅡ)
1着マイネレーツェル 牝3 54 池添謙一 五十嵐忠男
2着ベストオブミー  牝3 54 安藤勝己 鮫島一歩
3着レジネッタ    牝3 54 小牧太  浅見秀一

 単勝 5,310円
 枠連 5,010円
 馬連 25,670円
 馬単 71,110円

3連複  59,430円
3連単 461,660円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP