重賞コンテンツ

『常識を超えたスピードで奪取した輝かしいタイトル』


【2011年 ファルコンステークス】

   バレッツ社の2歳トレーニングセールにて20万ドルで落札されたヘニーハウンド。公開調教では1ハロン10秒0の好タイムを叩き出していた。
 キングスビショップSなどG1を2勝した快速馬のヘニーヒューズが父。モーニン(フェブラリーS、アジアエクスプレス(朝日杯FS)などを輩出し、日本でも成功している。母ビューティフルモーメント(その父クルーセイダースォード、米1勝)は、クリスマスデイHで重賞勝ちしたビイディングプラウドの半妹。同馬の半姉にJRAで2勝したシンフォニーライツがいる。
 ノーザンファーム空港での調整を経て、矢作芳人厩舎にやってきたのは2歳の11月になってから。27日の東京(芝1400m)では早くもデビュー戦を迎え、楽々と逃げ切った。
 渋田康弘調教助手は、当初から破格のポテンシャルを感じ取っていた。
「立派な馬格だけにパワーもたっぷり。それでいて、上品な雰囲気がある。いざとなったらきつい面を見せるけど、普段は穏やかだし、とても賢くて。あっという間にゲート試験をパスしたし、速いところへいっても意のままに動けた。余力を持たせても、タイムが出すぎてしまうくらい。物が違うと自信を深めていたね。ただ、まだ体質が弱く、トモの緩さも目立っていた。6、7分といった態勢でレースに送り出したんだ」
 完成されるのは先と見て、4か月間のリフレッシュを挟む。一気にハードルを上げ、ファルコンSへ。ゲートで後手を踏みながら、大外一気に差し切りを決めた。わずか2戦目での重賞制覇。ポテンシャルの違いを見せ付けた。
「早くから身体の完成度が抜けていたとはいえ、無理せずタイトルに手が届いてしまった。だから、NHKマイルCでも常識を覆せるんじゃないかと思わせたね」
 ところが、結果は12着。朝日杯FSに続くビッグタイトルを手にした同僚のグランプリボスに1秒1遅れてのゴールとなった。
「グラプリボスの動きもすごいけど、こちらは調教でもっと鋭く反応する。走りに無駄がなく、ちょっと味わえないスピード感。能力を出し切れなかった悔しさを以降にぶつけたかった。ただし、反動が抜け切らず、まったく力を出せなかった。しばらくは筋肉の硬さが残り、トモの送りもぎこちなくて。ノド鳴りの症状にも泣かされたよ」
 1200mに照準を定めても、函館スプリントS(11着)、オパールS(16着)と不本意な走りが続いた。長めにリフレッシュさせたことで、ようやく本来の輝きを取り戻し、鞍馬Sでは復活の勝利を挙げる。トップハンデを背負って繰り出した上がりは、次位をコンマ8秒も凌ぐ32秒2。展開無用の切れ味だった。
 しかし、心と体のバランスは崩れたまま。6歳になり、オパールSをレコード勝ちしたものの、結局、これが最後の勝ち鞍となった。吉村圭司厩舎に移り、8歳春まで全32戦を消化したうえ、種牡馬入りした。
 いよいよ今春より供用を開始。繋養先の優駿スタリオンステーションには、輸入後も絶大な人気を誇る父のヘニーヒューズが繋養されていて、厳しい戦いが待っているが、天才的なスピードはきっと産駒へも受け継がれる。大きな獲物を目がけて猛追する新たなハウンド(猟犬)の登場を待ちたい。
 


第25回 ファルコンステークス(GⅢ)
ヘニーハウンド  牡3 56 岩田康誠 矢作芳人
スギノエンデバー 牡3 56 四位洋文 浅見秀一
テイエムオオタカ 牡3 56 藤田伸二 石栗龍彦

 単勝  2,510円
 枠連   750円
 馬連  9,910円
 馬単 19,250円

3連複  11,600円
3連単  110,250円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP