重賞コンテンツ

『東から吹いたフレッシュな風』


【2010年 スプリングステークス】

 2010年に高松宮記念(キンシャサノキセキ)、天皇賞・春(ジャガーメイル)など重賞で7勝を挙げ、トップの地位を固めた堀宣行厩舎。同年にG2を2勝したアリゼオも、チームを勢い付かせた一頭である。競走馬名は、偏西風とは反対の東より吹く「貿易風」のこと。同ステーブルの飛躍を予感させる秀逸なネーミングだった。
 2年連続で年度代表馬に選出されたシンボリクリスエスの産駒。たくましい馬格は父譲りだった。母スクエアアウェイ(その父フジキセキ)は1勝したのみだが、開業と同時に堀厩舎に移籍し、6歳の引退まで息長く走った。ワンモアチャッター(朝日チャレンジC)やスマートギア(中日新聞杯)は同馬の叔父にあたる。
 しっかり張ったマストに順風を受けて、2歳11月に東京(芝2000m)で新馬勝ち。着差はクビ差だったものの、とても届きそうもない位置から目を見張る鋭さを駆使した。2着は後に天皇賞・春に勝つヒルノダムールである。
 2戦目にはホープフルSを選択。前半は頭を上げるシーンがありながら、積極策で後続を突き放してしまう。続く共同通信杯(3着)は、より折り合いに課題を残す走りだったとはいえ、ハナ+クビ差の惜敗。決して悲観する内容ではなかった。
「デビュー戦で見せた脚に持っているギアの違いが表れています。ずば抜けた能力があるからこそ、一気にオープンも連勝。とても健康的で飼い葉が落ちる心配はありませんし、常に活気に満ちている。ただ、あり余る行く気がウイークポイント。精神面のコントロールが課題となりました」
 と、堀調教師は振り返る。
 フレッシュな状態で3戦を消化。ここで間隔を詰めてスプリングSへ向かい、集中力を高めたのは陣営の計算どおりだった。押して先手を奪っても、向正面ではリラックス。直線入口でスパートしてリードを広げ、鮮やかな逃げ切りが決まった。
 皐月賞はラストで伸び切れずに5着。ハナに立って脚がたまらず、ダービーも13着に失速したが、夏場のリフレッシュを経て一段とパワーアップ。ぼっかり空いたインのグリーンベルトを突き、毎日王冠を差し切った。3歳馬が同レースを制したのは、オグリキャップ以来、22年ぶりの快挙だった。
 ところが、天皇賞・秋(14着)は気負って出遅れ。ダート適性を見込んで挑んだJCダート(16着)だったが、スタートでトモを落としたうえ、砂を被って戦意を喪失した。
 山元トレセンで騎乗を再開したところ、右前の屈腱に炎症が認められ、1年7か月ものブランク。5歳になって巴賞(8着)、札幌記念(9着)と歩んだが、脚元は限界に達していた。
 結局、破格のポテンシャルをフルに発揮できなかったアリゼオ。それでも、その勇敢な走りは、いまでも若々しいパワーに満ちたまま、鮮明に浮かび上がってくる。
 


第59回 スプリングステークス(GⅡ)
1着アリゼオ     牡3 56 横山典弘 堀宣行
2着ゲシュタルト   牡3 56 勝浦正樹 長浜博之
3着ローズキングダム 牡3 56 小牧太  橋口弘次郎

 単勝   660円
 枠連   290円
 馬連 18,090円
 馬単 36,980円

3連複  4,160円
3連単  64,470円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP