重賞コンテンツ

『栄光と悲哀が詰まった珠玉の名作』


【2006年 高松宮記念】

 決して派手ではなかったけれど、常に懸命な闘志を燃やしてロングラン興行を続けたオレハマッテルゼ。同名の映画と同様、多くのファンに愛される名作だった。
 日本競馬を一新させたサンデーサイレンスの後継。母カーリーエンジェル(その父ジャッジアンジェルーチ)は未勝利に終わったが、祖母はオークス馬のダイナカールだ。同馬の全姉に重賞を2勝したエガオヲミセテ。エアグルーヴ(オークス、天皇賞・秋、アドマイヤグルーヴやルーラーシップの母)が叔母にあたる豪華な一族である。
 素直な性格ながら、若駒時代は体質の弱さを抱えていたオレハマッテルゼ。3歳の5月、中京(芝2000m)で迎えたデビュー戦は11着に終わった。4戦目(小倉の芝2000m)で初勝利。以降も崩れずに健闘し、4歳1月に500万下(小倉の芝1800m)を卒業した。このころになってソエの不安も解消。しっかり調教を積めるようになった。マイルや7ハロンで安定した先行力を発揮するようになり、富嶽賞、保津峡特別、甲斐駒特別、晩春Sと順調に勝ち鞍を重ねていく。
 初の重賞挑戦となったのが5歳時の京王杯SC。レコードタイムで優勝したアサクサデンエンには突き放されたものの、きっちり2着を確保する。安田記念(11着)へも駒を進めた。
 リフレッシュ明けとなったキャピタルSを押し切り、タイトル奪取は時間の問題と思われたが、真面目すぎて行きたがる課題も残っていた。京都金杯(11着)、東京新聞杯(クビ差の2着)、阪急杯(3着)と歩み、初の6ハロン戦、高松宮記念へ。好位から抜け出し、晴れてG1の栄光を手にした。
 鞍上の柴田善臣騎手は、ここまでの7戦ですべて3着以内に導いていた最も気が合うパートナー。こう安堵の笑みを浮かべた。
「返し馬からカリカリせず、かといってキビキビ動け、ベストの状態に仕上がっていると感じていた。もともとスタートが速く、1400mだった前走の内容からも、距離短縮には十分に対応できると見ていたんだ。中団より前の好位置をスムーズに運べたように、左回りも合っている。直線ではどこを抜け出そうかと思うくらいの手応え。着差はクビでも、負ける気はしなかったなぁ」
勢いに乗って京王杯SCも連勝。他馬より2キロ増の59キロを課せられながら、マイペースの逃げを打ち、競走生活で最大のリード(2馬身差)を広げた。
 結局、この一戦が心身のピークだった。ラストランとなった翌秋の富士S(9着)まで、11連敗を喫してしまう。そのなかでも、高松宮記念(5着)や京王杯SC(クビ+クビ差の3着)では、思い出の舞台で意地を見せている。
ハナズゴールがオーストラリアのG1・オールエイジドSを制覇し、種牡馬としても評価を高めたオレハマッテルゼ。産駒が活躍し始めた矢先に早世したのが惜しまれる。
 


第36回 高松宮記念(GI)
1着オレハマッテルゼ  牡6 57 柴田善臣 音無秀孝
2着ラインクラフト   牝4 55 福永祐一 瀬戸口勉
3着シーイズトウショウ 牝6 55 池添謙一 鶴留明雄

 単勝  930円
 枠連 1,150円
 馬連 2,290円
 馬単 5,550円

3連複  5,240円
3連単  36,620円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP