重賞コンテンツ

『大舞台でこそ輝く重厚なスピード』


【2007年 大阪杯】

 ヨーロッパで豪華に展開するサドラーズウェルズの系譜。ただし、その重厚さゆえ、決して日本の軽い芝向きとはいえない。だが、唯一、G1ウイナーを誕生させたのがオペラハウス。一時代を築いたテイエムオペラオーに続き、2006年のクラシック戦線ではメイショウサムソンが皐月賞、ダービーを制している。
 メイショウサムソンの母マイヴィヴィアンは未勝利に終わったが、ダンシングブレーヴの肌。イギリスに残した数少ない産駒よりコマンダーインチーフ、ホワイトマズルなどを送り出し、本国でもエリモシック、キョウエイマーチ、キングヘイロー、テイエムオーシャンらが活躍した超一流の血である。
 若駒時代から健康的でタフ。2歳7月、小倉(芝1800mを2着)でデビューし、3戦目の同条件を勝ち上がる。続く野路菊Sも連勝。萩S(4着)、東京スポーツ杯2歳S(2着)と順調に使われ、中京2歳Sではレコード勝ちを収めた。だが、好位で粘り強く戦うレーススタイルだけに、地味なイメージが付きまとった。
 年明けはきざらぎ賞から始動して2着。スプリングSを競り勝ったものの、皐月賞は6番人気に甘んじた。それでも、屈強な心身は大舞台でこそ輝く。安定した取り口であっさりと2冠を奪取したのだ。
 決め手勝負に課題を残し、秋シーズンは未勝利だったが、神戸新聞杯(2着)、菊花賞(4着)、ジャパンC(6着)、有馬記念(5着)と崩れずに健闘する。
瀬戸口勉調教師の引退に伴い、高橋成忠厩舎へ転厩したうえ、大阪杯より再スタート。道中はぴたりと折り合い、危なげなく抜け出した。
コンビを組む石橋守騎手(現調教師)にとって、同馬は初のG1、しかも、クラシックの栄光をもたらした大切なパートナー。さらなる成長がうかがえるパフォーマンスに、安堵の笑顔を浮かべた。
「長丁場の本番(天皇賞・春)を控えているだけに、馬の後ろでじっくり脚をためたかった。期待以上に折り合いが付いたし、ひと皮むけた感触があったね。ペースは速くなく、逃げた2着馬(シャドウゲイト)が楽にしていたので、早めに動いたけれど、体を併せてからがサムソンらしさ。菊花賞での敗戦以来、高速馬場や長丁場への適性を疑問視されているので、次もきっちり結果を残したい」
 その言葉通り、早め先頭から渋太く差し返し、春の大目標を奪取。宝塚記念もあと一歩の2着に踏み止まる。フランスへと渡る準備を進めていたなか、立ちはだかったのは馬インフルエンザ。同馬にも感染が認められ、国内に照準を定め直す。天皇賞・秋は鬱憤を晴らすかのような2馬身半差の圧勝だった。
 以降は勝ち切れなかったとはいえ、ジャパンC(アタマ+クビ差の3着)、天皇賞・春(アタマ差の2着)、宝塚記念(アタマ差の2着)など、名勝負を演じた。
 5歳時は念願の凱旋門賞(10着)へも挑戦。同行した高橋義忠調教師(当時は調教助手)は、こう思い出を話す。
「その前年、美浦で検疫期間を過ごしていたとき、偶然、上空にエールフランスのカーゴを発見したんです。そう、まさに自分たちが乗る予定だった便。そんな悔しさも味わい、ようやく果たせた遠征だっただけに、いろいろ気を遣ったし、みんなで知恵を絞りましたね。苦い敗戦ではありましたが、あの馬が教えてくれたことは貴重な財産。また日本を代表する馬を育て、ぜひ再び世界を目指したいですよ」
 種牡馬入り後は、なかなかトップクラスを輩出できずにいたメイショウサムソンだが、レッドソロモン(若葉S)、デンコウアンジュ(アルテミスS)らが現役で活躍中。今後も一発長打は十分に見込める。パワーとスピードを兼備した優駿の登場を楽しみに待ちたい。
 


第51回 大阪杯(GⅡ)
1着メイショウサムソン 牡4 59 石橋守  高橋成忠
2着シャドウゲイト   牡5 57 安藤光彰 加藤征弘
3着メイショウオウテ  牡5 57 四位洋文 梅田智之

 単勝 190円
 枠連 520円
 馬連 540円
 馬単 810円

3連複  4,290円
3連単  13,080円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP