重賞コンテンツ

『プロらしい英知を一陣の風に込めて』


【2008年 阪神牝馬ステークス】

 がむしゃらに勝利へと邁進する姿勢はもちろんのこと、長期的な視野で馬と向き合ってきた結果、華々しい業績を積み重ねてきた藤原英昭厩舎。手腕を高く評価されているなかでも、トレーナーの意欲はますます燃え盛っている。
「いまの厩舎経営は、効率的な出走を最優先させる傾向が強くなりましたが、調教の専門職なのですから、本来問われるのは仕上げの技術です。秘めた能力を最大限に発揮させることを追求していますので、責任を持って管理できる頭数には限界がありますよ。勝利数だけにこだわっているわけではありません。ただし、全力を尽くした延長として大きなタイトルに手が届けば、やっていることが間違っていない証明になりますし、スタッフの励みになりますね。現状に満足せず、もっと『厩舎力』を高めていきたいと思っています」
 そんなプロ集団に、初となるG1の勲章をもたらしたのがエイジアンウインズだった。セレクトセール(当歳)にて藤原師に見出されたフジキセキ産駒。落札価格は1800万円だった。
 母はアメリカで1戦のみに終わったサクラサクⅡ(その父デインヒル)。優秀な繁殖成績を誇り、同馬の兄妹にパッシングマーク(3勝)、キュートエンブレム(3勝、フローラS3着)、エバーブロッサム(1勝、オークス2着、フローラS2着、フラワーC2着)らがいる。
 社台ファームで大切に基礎固めされ、2歳10月に栗東へ。12月の阪神(ダート1400mを3着)でデビューし、2戦目の同条件を勝ち上がる。若菜賞(3着)を経て、3月の阪神(ダート1200m)では2勝目をマーク。その後はゆっくりと7か月半のリフレッシュを挟んだ。
「血統的にも構造上も、脚元に負担がかかりやすいタイプですので、当初はダートを使ったんです。桜花賞に間に合わなかった時点で、目指す舞台を翌春のヴィクトリアマイルに切り替えました。あせらずに成熟を待つことができたのは、オーナー(太田美實氏)の理解があったからこそ。持ち前のスピードだけでなく、性格もすばらしい。常に一生懸命に走り、こちらの要望にきちんと応えてくれましたよ」
 3歳秋もダート(京都の1400mを9着)より始動させたが、いよいよ適性を見込んでいたターフにチャレンジ。宝ヶ池特別はクビ差の2着に敗れたものの、鳥羽特別をあっさり勝利する。さらに3か月の間隔を取り、韓国馬事会杯も2着に健闘。心斎橋Sでは出遅れを跳ね除け、大外を鋭く差し切った。
 いよいよ勝負のタイミングが到来。阪神牝馬Sで賞金加算を狙った。かつてない好スタートを切れ、押し出されて先頭へ。2ハロン目の11秒1から11秒5、11秒8とスローダウンさせ、脚を温存する。早めにスパートし、直線に入ってリードを広げる。さすがに最後は脚が上がり、後にマイルCSを制するブルーメンブラットがクビ差まで迫ってきたが、渋太く振り切った。
 前走に続き、殊勲の勝利を挙げた鮫島良太騎手は、こう安堵の笑みを浮かべた。
「ハナに立つなんて、考えていませんでしたが、誰も競りかけてきませんでしたからね。力を抜いて走れ、マイペースを貫けました。ゴーサインを出したら、瞬時に反応。初挑戦で重賞に勝てたように、ぐんぐん力を付けています」
 そして、ヴィクトリアマイルへ。前年にダービーを制していたウオッカが断然の支持を集め、同馬の単勝は13・4倍の5番人気だった。それでも、状態はさらに上昇。好位のポケットで折り合い、狭いスペースを力強く割った。セフティーリードを保ったまま、栄光のゴールに飛び込む。
 次の目標として、2つ目のG1だけでなく、アメリカ遠征なども計画されたエイジアンウインズだったが、一気に頂点まで駆け登ったことで、多大なダメージを受けていた。陣営の手厚いリカバリーも実らず、結局、復帰することはできなかった。
 果たせなかった夢は、次世代へとバトンタッチ。いまのところJRAで勝ち上がった子供はいないが、類まれな成長力や勝負根性を受け継いだ逸材が登場して不思議はない。ぜひアジアから世界に向けて風を吹かせてほしい。
 


第51回 阪神牝馬ステークス(GⅡ)
1着エイジアンウインズ 牝4 55 鮫島良太  藤原英昭
2着ブルーメンブラット 牝5 55 後藤浩輝  石坂正
3着パーフェクトジョイ 牝5 55 秋山真一郎 池江泰寿

 単勝  880円
 枠連  830円
 馬連 1,310円
 馬単 3,370円

3連複   9,780円
3連単  52,240円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP