重賞コンテンツ

第155回天皇賞・春(GⅠ)

京都競馬場4日目11R
第155回 天皇賞・春
芝 3200m/GⅠ/4歳上/国際/定量


レース傾向
今回で155回を迎える歴史有る天皇賞(春)。長距離戦では有力どころが集まり難くなる一方だが、今年も外国馬の参戦は無くなかったが面白そうなメンツが揃う。以前は実力馬同士の決着が多かったが、近年は一転して波乱のレースと化した。ココ数年万馬券も出現して波乱の決着続出、今年も多彩な顔ぶれが揃い波乱を再び演出してくれそうな予感も…。例年通り好走条件をいくつか挙げてみたい。4勝以上の実績馬、総合連対率3割以上、GI出走経験且つGI連対またはGⅡ勝ちがある、菊花賞掲示板組、2400mで2勝以上且つ連対率5割以上、年齢圧倒的に4、5歳勢で近年参戦した牝馬組にとっては厳しいレースになっている。

アドマイヤデウス
牡6/58.0kg  岩田康誠/梅田智之

アルバート
牡6/58.0kg  川田将雅/堀宣行

カレンミロティック
セ9/58.0kg  ○○/平田修

キタサンブラック
牡5/58.0kg  武豊/清水久詞

ゴールドアクター
牡6/58.0kg  横山典弘/中川公成

サトノダイヤモンド
牡4/58.0kg  ルメール/池江泰寿

シャケトラ
牡4/58.0kg  田辺裕信/角居勝彦

シュヴァルグラン
牡5/58.0kg  福永祐一/友道康夫

スピリッツミノル
牡5/58.0kg  幸英明/本田優

タマモベストプレイ
牡7/58.0kg  吉田隼人/南井克巳

ディーマジェスティ
牡4/58.0kg  蛯名正義/二ノ宮敬宇

トーセンバジル
牡5/58.0kg  四位洋文/藤原英昭

トウシンモンステラ
牡7/58.0kg  ○○/村山明

ファタモルガーナ
セ9/58.0kg  浜中俊/荒川義之

プロレタリアト
牝6/56.0kg  杉原誠人/小島茂之

ヤマカツライデン
牡5/58.0kg  松山弘平/池添兼雄

ラブラドライト
セ8/58.0kg  酒井学/斉藤崇史

レインボーライン
牡4/58.0kg  デムーロ/浅見秀一

ワンアンドオンリー
牡6/58.0kg  和田竜二/橋口慎介



Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP