重賞コンテンツ

『青雲の志をいつまでも』


【2010年 エプソムカップ】

 HBAセレクションセール(1歳)にて840万円で落札されたセイウンワンダー。購買者は日本中央競馬会だった。2歳4月のブリーズアップセールでは一際目を引く躍動的な動きを披露し、最高額となる2730万の値を付けた。
 直後には栗東の領家政蔵厩舎へ。調教パートナーを務めた服部剛史調教助手は、こんな第一印象を受けたという。
「入厩時には、すでに注目馬となっていました。みんな乗り味を訊いてくるのですが、そのたび『普通です』って答えていましたね。すべての面が平均的に優秀なタイプですので、特に強烈なインパクトを感じなかったんです」
 あっという間にゲート試験をパス。例年、早い時期から活躍するのがJRA育成馬の持ち味だけに、同馬の完成度も高かった。しかも、ひと追いごとに期待以上の進歩を示す。辛口のコメントで知られる服部助手も、自信を深めていった。
「500キロもの大型なんて感じない。すっと動ける軽さや器用さがあって、体感よりも速いタイムが出ます。デビューの前の追い切りでは、ジョッキー(岩田康誠騎手)に跨ってもらいました。『わっ、すごい、すごい』って叫ぶ声が、他馬で併走するこちらまで聞こえたかと思ったら、あっという間に交されましたよ」
 ひと追いごとに、父グラスワンター譲りのパワーやスピードが顕在化。母セイウンクノイチは未勝利で、産駒では同馬が初の勝ち上がりだが、その父はサンデーサイレンスであり、しなやかさも兼備していた。
 6月の阪神(芝1400m)で迎えたデビュー戦は出遅れる不利もあり、半馬身差の2着。それでも、3着馬を9馬身も突き放していた。続く同条件を順当勝ち。このレースでも末脚は抜けていた。2番手から3ハロン34秒4(次位が35秒1)の上がりをマーク。2着に1秒の差を付ける。
 次のターゲットは新潟2歳S。スタートで立ち遅れ、最後方を進む予想外の展開となったが、大外から鋭い決め手が炸裂する。1馬身半差の快勝だった。
 左前に蹄球炎を発症してしまい、予定していた東京スポーツ杯2歳Sはパスしたものの、きっちりと態勢を整え直して朝日杯FSに臨む。みごとに馬群を割り、2歳チャンピオンに輝く。
「当時は併せ馬でテンションが上がる面もありましたし、左手前だともたれがち。良くなる余地をたっぷり残していました。感心させられるのは、レースの反動なんて見せないところ。思いどおりに鍛えられる。夢は広がる一方でしたね」
 弥生賞(8着)は、長距離輸送を経てもプラス12キロの体重が誤算。持ち前の破壊力を発揮し、皐月賞で3着に食い込む。ダービー(13着)は極悪馬場がすべて。まったく競馬をできずに終わった。
 秋シーズンも王道路線を歩み、神戸新聞杯(3着)、菊花賞(3着)と健闘。有馬記念(6着)や翌春のマイラーズC(4着)も崩れなかったが、過去1年に賞金を加算できず、目標に掲げていた安田記念を除外されてしまう。
   なんとしても結果を出したかったエプソムC。好位追走がかなったうえ、折り合いもぴたりと付いた。逃げたシルポートが絶妙なペースを刻み、なかなか交わせない苦しい展開のなか、あきらめずに伸びる。ハナ+ハナ差の大接戦となったが、最後は底力でねじ伏せた。
 ダービー以降、主戦を務めた福永祐一騎手は、こう安堵の笑みを浮かべた。
「直線も手応えは十分にあった。瞬時に馬群を割れたよ。でも、そこからゴールまでが遠かったね。ずっと高いポテンシャルを感じていながら、なかなか引き出せないもどかしさがあったけれど、ようやく勝ち切れて喜びは格別。これがマックスじゃないし、まだまだ奥がある」
 再浮上のきっかけがつかめたかと思われたが、続く宝塚記念は緩い馬場に泣いて16着に惨敗する。秋緒戦はカシオペアSを予定していたが、右前に浅屈腱炎を発症。懸命の治療も実らず、ターフを去ることとなった。
 早熟のイメージが付きまとった競走生活ではあったが、決して全能力を出し切ったわけではなく、志なかばでのリタイアだった。JRA日高育成牧場で乗馬として余生を送っているセイウンワンダー。すっかり穏やかな表情となっても、気高い雰囲気を保ったままだという。
 


第27回 エプソムカップ(GIII)
1着セイウンワンダー 牡4 57 福永祐一 領家政蔵
2着シルポート    牡5 56 蛯名正義 西園正都
3着キャプテンベガ  牡7 56 後藤浩輝 松田博資

 単勝  360円
 枠連  950円
 馬連 1,090円
 馬単 1,950円

3連複  7,650円
3連単  30,780円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP