重賞コンテンツ

『あり余るパッションをゴールへと凝縮させて』


【2009年 ユニコーンステークス】

2歳8月には函館(芝1800mを4着)でデビューしたシルクメビウス。3戦目の阪神でダート1400mを試し、2着を確保する。続く同条件を順当に勝利。昇級後もコンスタントに使われ、4着、3着と前進した。
 くすのき賞は5馬身差の圧勝。このレースよりコンビを組んだのが田中博康騎手(現調教師)だった。ジョッキーにとっては、生涯忘れられない巡り会い。同馬の才能を一気に花開かせるきっかけともなった。
 2か月半のリフレッシュを経て、端午Sへ。中団から楽な手応えで進出し、あっさり抜け出した。すっかり気が合うパートナーとなっていた鞍上も、非凡なポテンシャルを称える。
「小倉で乗って以来、この馬で重賞を獲りたいと意識していたんです。折り合いの難しさをクリアできれば、久々でも、オープンでも通用する自信がありましたよ。少し窮屈になっても、勝負根性がすばらしい。力強く突き進んでくれましたね」
 ユニコーンSでは念願がかない、田中騎手に初のタイトルをプレゼントする。前半は後方で脚をためていたが、3、4コーナーから抑え切れずに進出。直線で外へ導くと、目覚ましい勢いで馬群をひと飲みした。後続に2馬身の差を付ける完勝だった。
 仕上げに携わった服部剛史調教助手は、こう類まれな個性を説明してくれる。
「スマートな体型なのに、回転が速く、パワーも兼備しています。気の強さが半端じゃなく、軌道に乗るのに少し時間が必要でしたし、あの当時も輸送で体を減らしたり、引っかかったり。それでも、精神的な激しさが強烈な末脚を生み出す源なんでしょう」
 ドバイシーマクラシックや香港ヴァーズを制した底力を伝え、種牡馬として大成功しているステイゴールドの産駒。母チャンネルワン(その父ポリッシュネイビー、地方で未勝利)はダート色が強いファミリ―だが、父らしい柔軟性も受け継いだ。同馬の全弟に芝で現6勝のウインガニオン。鍛えても筋肉が硬くならず、さらに強靭さを増していった。
 ジャパンダートダービーは2着。トパーズSを楽に差し切り、ジャパンカップダート(2着)でも豪快な伸び脚を炸裂させた。4歳時には東海S、ブリーダーズGCと連勝。だが、翌春の東海S(3着)がJRAでのラストランとなった。
 靭帯に炎症を発症してしまい、長期のブランク。ホッカイドウ競馬に転出し、7歳になって復活の勝利を挙げたものの、本来の輝きを取り戻せずに現役を退いた。
 思いのほか全盛期は短かったとはいえ、あり余るパッションをゴールへと凝縮させたシルクメビウス。派手なパフォーマンスは、いまでも関係者ばかりでなく、ファンの目にもはっきりと焼き付いている。
 


第14回 ユニコーンステークス(GⅢ)
1着シルクメビウス   牡3 56 田中博康  領家政蔵
2着グロリアスノア   牡3 56 小林慎一郎 矢作芳人
3着カネトシコウショウ 牡3 56 内田博幸  村山明

 単勝  320円
 枠連  570円
 馬連  860円
 馬単 1,620円

3連複  1,540円
3連単  6,070円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP