重賞コンテンツ

『夏にきらめくスプリント界のダイアモンド』


【2010年 函館スプリントステークス】

 短距離戦線で4つの重賞を勝ち取ったワンカラット。牝が走ることで知られるファルブラヴの代表格である。
 父は8ハロン(クイーンエリザベス2世S)から12ハロン(ジャパンC)までのG1を8勝しているが、同馬以外にもエーシンヴァーゴウ(アイビスサマーダッシュ、セントウルS)など、スプリンターも送り出している。
 ワンカラットの母は、フランス生まれのバルドウィナ(その父ピストレブルー)。芝2100mのG3・ペネロープ賞を制している。2005年の種付けシーズンに限ってイギリスへとレンタルされていた父が配合されたうえ、輸入後に社台ファームで誕生した。
 藤岡健一調教師は、こう個性を説明してくれる。
「優秀な繁殖ですよ。ただ、父親の良さをストレートに伝えるのでしょう。妹弟のサンシャイン(3勝、愛知杯2着)やトップアート(現2勝)、ジュエラー(桜花賞、シンザン記念2着、チューリップ賞2着)とはスタイルも、適性なども、まったく異なりますね。あの仔も身体的には長めの条件をこなせたはずなのですが、激しい気性の持ち主。あり余るパワーの制御に気を遣いました」
 2歳の8月、小倉の芝1200mでデビュー。2番手から押し切った。小倉2歳S(5着)以降は常にトップクラスと渡り合い、スタートで躓いたデイリー杯2歳Sを6着した後、ファンタジーSをクビ差の2着。だが、阪神JFでは折り合いを欠き、12着に敗退した。
 フィリーズレビューより再スタートし、いきなり重賞に優勝。桜花賞(4着)やNHKマイルカップ(6着)でも、思い切った追い込み策で見せ場をつくった。3歳後半はローズS(10着)、秋華賞(7着)と歩んだが、やはり距離の壁を感じさせた。不利を受けた阪神Cこそ16着に惨敗したものの、京都牝馬S(4着)、阪急杯(2着)と前進。出遅れが響いた阪神牝馬S(9着)を経て、ヴィクトリアマイル(7着)へも駒を進める。
 決して早熟ではなく、このころにはデビュー時に470キロ台だった体重が500キロをオーバー。筋肉が張り出し、よりスピード色が強いスタイルとなった。1200mに的を絞り、CBC賞(3着)へ。これで勢いに乗り、いよいよ充実期を迎えた。
 函館スプリントSでは好位のインでしっかり脚がたまり、見違えるような末脚を繰り出す。後続を2馬身も突き放す完勝。タイムはレコードだった。
 手綱を取った藤岡佑介騎手も、満足そうに笑みを浮かべた。
「間隔が詰まっていても、なんとか状態を維持していました。ゲートをポンと出て、4コーナーでも引っ張り切り。抜け出す脚が速かった。こちらはつかまっているだけでしたよ。まだまだ奥があります」
 3コーナーでぶつけられ、左前と右トモを落鉄しながら、キーンランドCも危なげなく突破。みごとにサマースプリントシリーズのチャンピオンに輝く。スプリンターズSも5着に健闘した。
 5か月間のリフレッシュを挟み、阪急杯(5着)より復帰。ところが、高松宮記念(15着)で左前脚の蹄骨を骨折してしまう。以降はスワンS(7着)、京阪杯(3着)、阪神C(12着)、淀短距離S(4着)と成績は上下動した。
 みごとに復活を遂げたのがオーシャンS。インをこじ開け、鮮やかに抜け出した。しかし、この一戦で脚元は限界に達した。高松宮記念を目前にリタイア。繁殖入りが決定した。
 藤岡師も、産駒たちに大きな期待をかける。
「いつかG1でも一発があると思わせた逸材でしたからね。初仔が現3勝のワントゥワン。母譲りのポテンシャルだけでなく、種牡馬の長所も加味されています。いずれスーパーホースが誕生しそうな予感がしますよ」
 


第17回 函館スプリントステークス(GⅢ)
1着ワンカラット    牝4 54 藤岡佑介 藤岡健一
2着ビービーガルダン  牡6 59 安藤勝己 領家政蔵
3着アポロフェニックス 牡5 56 勝浦正樹 柴崎勇

 単勝  420円
 枠連  780円
 馬連  900円
 馬単 1,770円

3連複  3,060円
3連単  13,220円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP