重賞コンテンツ

第53回函館記念検証

函館競馬場4日目11R
第53回 函館記念
芝 2000m/GⅢ/3歳上/国際/ハンデ


レース傾向
ハンデ戦ならでは、夏の荒れる重賞NO.1レースとも言える函館記念。以前は秋のGI戦の前哨戦的意味合いが強かったがその後条件に変更があり、例年よりやや小粒のメンバー構成になることが多いのは確か。好走条件のハードルはあまり高くなく芝1800m以上の重賞3着以内の実績があれば連対の可能性は高くなります。世代的には5歳勢が一歩リードも高齢馬は苦戦の傾向にあります。ステップレースは、巴賞組が圧倒的に有利だが、好走した馬より凡走した馬の巻き返しに要注意!脚質面では差し、追い込み勢が 有利。近年では一番人気も堅実に上位争いに加わっていますが、基本的にはハンデ頭や人気馬は、評価ほどアテにはならないと見て良さそうです。


【第53回函館記念(GⅢ)を振り返って】
1着6枠12番
ルミナスウォリアー
55.0 柴山 和田郎
騎乗後柴山騎手は「事前に好感触を掴んでいました。調整も上手く行って、いい状態でした。いつもより前につけて、中団前の理想通りの競馬で、馬場も何とかこなしてくれると思いました。少し強引なレースになりましたが、強かったですね。まだ成長してくれると思いますし、これからが楽しみです」とコメント。次走へ向けて:スタートはマズマズ、折り合いをつけて中団追走。終始外目を回ったが流れには上手く乗れていた。最終コーナにかかると徐々に進出開始。大外を回って先頭に立つと、そのまま押し切り。

2着7枠14番
タマモベストプレイ
56.5 吉田隼 南井
騎乗後吉田隼騎手は「今日は積極的に行きました。馬場も良かったですが終いもシッカリ伸びていた。ただ、直線のロスは痛かったですね」とコメント。次走へ向けて:押して先頭へ。ヤマカツライデンにハナを奪われると無理せず3番手に。そのまま、前を見ながらスパートするタイミングを図る。最終コーナでは内目を狙うが前が開かず外へ。馬群が切れて押し出すも勝ち馬の勢いには届かず2着。

3着8枠15番
ヤマカツライデン
55.0 池添 池添兼
騎乗後池添騎手は「ハナに行くのは予定通り。ペースを落とさないように乗りました。返し馬の時から体に余裕があるとは思いましたが交わされてからも渋太く頑張ってくれています」とコメント。次走へ向けて:スタートを決めてハナへ。マイペースに持ち込み、押し切りを狙う。最終コーナーでも手応え良く先頭キープ。直線手前で後続勢が被せに掛かると一旦後退したように見えたが再度渋太く内から伸びて3着。




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP