重賞コンテンツ

『灼熱の電撃戦に炸裂した一瞬の決め脚』


【2012年 北九州記念】

2歳8月のデビュー戦から、8歳3月に迎えたラストラン(高松宮記念を15着)まで、全58戦(6勝)を息長く駆け抜けたスギノエンデバー。もどかしさが付きまとった競走生活だった反面、個性的なキャラクターは多くのファンに愛された。
 長年に渡って日本の短距離界を支えたサクラバクシンオーの産駒。母シャイニングピアス(その父ブライアンズタイム)はダートで3勝をマークした。祖母のフォーシングビッドがG3の勝ち馬であり、ダート9ハロンのG1(ジョンAモリスH、ゴーフォーワンドS)での2着も2走ある。
 小倉(芝1200m)をあっさり差し切り、早くからスプリントへの高い適性を示した。以来、26人ものジョッキーが跨ることになるのだが、記念すべき初勝利を収めた福永祐一騎手は、こう非凡な才能を称えた。
「調教の段階からスピードが違った。折り合いを重視したレース運びをして、うまく終いを伸ばせたね」
 出遅れながら、小倉2歳Sを3着。すずらん賞(2着)は3コーナーで躓く不利があっての結果だった。6戦目のつわぶき賞を逃げ切り、順当に2勝目。脚の使いどころに難しさがあり、成績は上下動を繰り返したが、ファルコンSで2着に食い込んだのをはじめ、オパールS(2着)、ラピスラズリS(3着)など、3歳時もオープン勝ちにあと一歩まで迫る。
 淀短距離S(2着)、春雷S(3着)でも僅差負け。1000万クラスに降級後に2走足踏みしたが、佐世保特別では鋭く大外を突き抜け、小倉コーストの相性の良さを証明した。
 会心のパフォーマンスに、鞍上の和田竜二騎手も満面の笑みを浮かべる。
「前が飛ばしてくれ、うまくエネルギーを温存できた。一瞬しか持続しないけれど、すばらしい切れを持っているからね。時計が速いきれいな馬場が合っている」
 勢いに乗って、北九州記念に格上挑戦。2ハロン目から10秒1、10秒5のハイラップが刻まれるなか、じっくり後方に控える。楽な手応えで直線に向き、馬群の外へ進路を切り替えると、鮮やかな逆転劇が開始。熾烈な2着争いを尻目に突き抜け、1馬身差の完勝を収めた。
 これが初騎乗だった北村友一騎手だが、同馬の長所は十分に把握していた。
「返し馬でも状態の良さが伝わってきました。人気(単勝14・4倍)以上にやれる自信がありましたよ。追い出した時点で、瞬時の脚に光るものがあり、これなら突き抜けると確信。思い描いた通りです」
 4歳暮れには北村騎手とのコンビで尾張Sにも優勝(同着)。だが、鞍馬S(2着)、京阪杯(3着)、春雷S(2着)などで確かな才能を垣間見せながら、なかなか展開や追い出しのタイミングが合致しなかった。
 それでも、7歳にして鞍馬Sで勝ち星を追加。晩年になっても、常に一発の魅力があふれていた。手にしたタイトルは1つだけだったとはいえ、いつまでも忘れられない実力派である。
 


第47回 北九州記念(GⅢ)
1着スギノエンデバー 牡4 55 北村友一 浅見秀一
2着シゲルスダチ   牡3 52 高倉稜  西園正都
3着エピセアローム  牝3 52 武 豊  石坂正

 単勝  1,440円
 枠連  3,630円
 馬連 36,560円
 馬単 62,760円

3連複  139,810円
3連単  997,220円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP