重賞コンテンツ

『北天をまばゆく照らす若きスター』


【2014年 札幌記念】

クラシック2冠に輝いた祖母ベガより連想され、ハープスター(こと座の一等星であり、ベガの別名)と名付けられたハープスター。
 母のヒストリックスター(その父ファルブラヴ)は不出走だが、叔父にもアドマイヤベガ(ダービー)、アドマイヤドン(朝日杯FS、フェブラリーSなどG1を7勝)らが居並ぶ豪華な一族である。稀代のスーパーホースであり、スタリオン入りしてからも日本競馬を牽引するディープインパクトが配されて誕生した。
 早くから豊富な体力を誇り、ノーザンファーム早来での育成は順調に進行。2歳6月には栗東へ移動した。1か月余りで態勢が整い、中京の芝1400mに初登場すると、いきなり父譲りの鋭い決め手が炸裂。断然人気にふさわしい楽勝だった。
 2戦目には新潟2歳Sを選択。最後方の位置取りとなったのにもかかわらず、直線は大外から突き抜けてしまった。その末脚は驚異的なものであり、レースのラスト3ハロンを1秒3も上回る32秒5の鋭さ。後に皐月賞を制するイスラボニータに3馬身の差を付けた。この時点で、翌春の大舞台でも本命と目されるようになる。
 阪神JF(2着)に直行。ここでは首の上げ下げでレッドリヴェールに屈したが、勢いは圧倒していた。さらに力を蓄え、チューリップ賞へ。2着のヌーヴォレコルトを1秒0も凌ぐ33秒7の上がりで、2馬身半の決定的な差を付けた。
 単勝1・2倍の圧倒的な支持を集め、桜花賞に登場。18番枠を引き、出遅れてしまったものの、最後方で自分のリズムに徹する。4コーナーから外へと導かれ、ラスト32秒9の鋭さで馬群をひと飲み。レッドリヴェールも渋太く食い下がったが、ぐいとクビだけ前へ出て、栄光のゴールへと飛び込んだ。
 オークス(2着)も1・3倍の1番人気。だが、猛追しながらも、ヌーヴォレコルトにクビ差及ばず、あと一歩で2冠達成は果たせなかった。レース後、左前肢の蹄鉄が外れかかっていたことが判明している。
3か月のリフレッシュを経て、札幌記念より始動。ここでは牡馬クラシック2冠に加え、有馬記念、宝塚記念(2回)などを制していたゴールドシップが待ち構えていた。いつも通りの待機策。しかし、小回りコースを意識して、早めに進出する。直線は2強が後続を離しての一騎打ち。懸命に脚を伸ばすチャンピオンホースを振り切り、ゴールに飛び込んだ。3歳牝馬の優勝は22年ぶりの快挙である。
「返し馬でやんちゃなところを見せましたが、それだけ元気があると前向きに捉えていました。前半のリズムが良く、3コーナーから動かしていっても、いい雰囲気でしたね。目いっぱいの仕上げでなくても、強い勝ち方。凱旋門賞へと期待がふくらみます」
 と、川田将雅騎手も満足げに笑みを浮かべた。
 直線でよく伸びながら、凱旋門賞は連覇を達成したトレヴの6着。ジャパンCも故障馬のあおりを受け、5着止まりだった。4歳シーズンも世界にチャレンジ。京都記念(5着)をステップに、ドバイシーマクラシックへと駒を進める。ところが、状態が上がり切らず、8着に沈んでしまった。その後は懸命の立て直しが図られたが、右前に繋靭帯炎を発症。種子骨靭帯にも炎症が確認されたため、早すぎる引退が決まった。
 結局、手にしたG1の勲章は桜花賞のみに終わったハープスター。それでも、ラストの瞬発力は桁違いだった。長めから終いをきっちり伸ばす調教方法を確立し、数々の名馬を育てた松田博資調教師も、天才的な才能に惚れ込んでいた。きっと繁殖としても、目覚ましい成功を収めるに違いない。
 


第50回 札幌記念(GⅡ)
1着ハープスター    牝3 52 川田将雅 松田博資
2着ゴールドシップ   牡5 57 横山典弘 須貝尚介
3着ホエールキャプチャ 牝6 55 蛯名正義 田中清隆

 単勝 140円
 枠連 270円
 馬連 400円
 馬単 900円

3連複  5,310円
3連単  19,780円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP