平日コンテンツ

関屋記念 スタートでほぼ勝利を手中にしたマルターズアポジー


サマーマイルシリーズ2戦目、GⅢ第52回関屋記念が新潟競馬場で行われました。

優勝は7番人気マルターズアポジー。
マイル戦で好走した実績はあるものの、やはりこれまで1800~2000mをメインに出走してきたためか今回はこの馬にしては意外なほど人気がありませんでしたが、終わってみれば快勝、納得の結果です。他の馬に競りかけられてしまい本来の力を出せずに大敗した前走の七夕賞はともかく、自分の競馬さえできれば勝ち負けになります。

この関屋記念には『先に行けたら行く』タイプの馬も結構いましたが、マルターズアポジーが迷いなくハナを主張していきました。これがまたスタートが抜群なこともあり、おそらく他馬は行きたくても行けなかったのではないでしょうか。きっとゲート内では前を見て、じっと扉が開くのを待っているのでしょう、スタートセンスがかなり良い馬だと思います。

騎手はハナに行かなければ持ち味が生きてこない馬に騎乗するとき、「何が何でも逃げたい」と強く願う気持ちとともに、「スタートのタイミングが合わなかったり他馬の方が速かったりしたらどうしよう」という不安も大きくなりがちですが、マルターズアポジーの場合は余計なことを考えなくて良さそうに思えます。鞍上にとっては大変ありがたく、安心してレースに臨めます。

ハナを切って進むマルターズアポジーに対し他の馬は絡んでくることなく追走、これが勝因としては大きかったと思います。競られることなく行けたおかげで息が入り、直線に向いても脚いろは衰えずジョッキーが追いだしてから、さらにもうひと伸び。うまくマイペースに持ち込んで、逃げ馬としては文句なしの内容で優勝しました。持ち味が遺憾なく発揮されたレースでしたね。


2着は5番人気ウインガニオン。
前走のGⅢ中京記念を3連勝で制し、いかにも調子が良い雰囲気でした。今回も、その勝った中京記念と同じく前を見る形で追走していたので津村騎手はレース運びがラクだったと思います。ただ、彼の中では、マルターズアポジーに逃げ切られるとの考えは無かったのでは。

彼の意識は前よりも後方にあり、つまり後ろからの馬に差されることを警戒した騎乗に見えました。なぜそう見えたかというと、マルターズアポジーを深追いせず、離れての追走だったから。とはいえ、もっと接近して馬にプレッシャーをかける乗り方をしていたら、七夕賞のようにマルターズアポジーと、競りかけていったフェイマスエンド同様に共倒れしていた可能性があるので、今回はこの乗り方がベストだったと思います。中京記念優勝、そして今回の2着によりサマーマイルシリーズで現在ポイントランキング1位のウインガニオン。次走も期待したいところです。




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP