重賞コンテンツ

『スプリントで蘇った天賦の資質』


【2014年 キーンランドカップ】

 米2冠を制した名馬であり、サンデーサイレンス級の成功を期待されて社台グルーブが導入したウォーエンブレム。受胎率の低さに泣かされながらも、ブラックエンブレム(秋華賞)に続く待望のG1ウイナーに輝いたのがローブティサージュだった。懸命の治療が功を奏し、過去最多の種付けを消化した世代にあたる。
 母のプチノワール(その父シングスピール)は未出走だが、祖母リッチアフェアーの全姉にG2・ポモーヌ賞、G3・ジョンポーターSを制したホワイトウォーターアフェア(アサクサデンエンやヴィクトワールピサの母)がいる底力に富むファミリー。シルクホースクラブにて総額1500万円で募集された。
「初めて見た1歳時から、とても柔軟。きれいなラインをしていたよ。ただ、気性面が課題となることが多い父の仔だけに、心のメンテナンスがポイントとなると思っていたね」
 と、須貝尚介調教師は幸運な出会いを振り返る。
 ノーザンファーム空港での育成は順調に進み、5月初めに栗東へ。丁寧に磨かれた後、函館競馬場に移って7月の芝1800mに初登場した。出遅れたうえ、前半は行きたがる素振りを見せたものの、直線で豪快に突き抜けた。
「いかにも華奢だったし、精神的にも悪い方向へ行きそうな気配があった。だから、札幌2歳Sはパスして、ゆっくり放牧させることにしたんだ。その効果があり、真面目なままでいてくれたよ。ファンタジーS(2着)は流れが落ち着いたなか、大外からよく脚を伸ばしている。コースロスなく立ち回った勝ち馬に離されたとはいえ、次につながると思っていた。成長していく過程にありながら、状態は思い描いたとおりにアップ。体重自体は変わっていなくても、いい筋肉が付き、ぐんと力強さを増していたもの」
 息が詰まるような激戦が繰り広げられた阪神JF。瞬時に馬群を割り、ゴール寸前でぐいと抜け出す。卓越した身体能力を晴れ舞台で証明。内に秘めた激しい部分も、いざというときの闘争心として生かされた。
 さらなる栄光を目指し、緻密な鍛錬を重ねたが、テンションの高さが行く手を阻む。チューリップ賞(9着)、桜花賞(5着)、オークス(9着)と不安定な走り。ローズS(6着)や秋華賞(11着)でもコントロールの難しさに泣いた。
 阪神牝馬Sはいったん先頭に立ち、ハナ+クビ差の3着に食い下がったが、ヴィクトリアマイルを11着。一連の結果を踏まえ、陣営はスプリント戦へ目を向ける。函館スプリントSは後方から鋭く伸び、わずかクビ差の2着。6ハロン戦への高い適性を示した。
 キーンランドCでも道中の我慢が利いたうえ、前回より前目のポジションを確保。直線で外へ持ち出すと、持ち前の勝負根性を爆発させ、きっちりと差し切った。
 2戦続けて手綱を託された三浦皇成騎手も、安堵の笑みを浮かべた。
「函館スプリントSが悔しい内容。馬の気持ちを損なわないように運んだなかでも、この距離にも慣れ、いいリズムを保てた。直線は腹を括り、前が開くように願っていたけれど、スムーズにさばけたからね。滞在競馬が合い、洋芝も味方。でも、さすがに底力がある。復活されせれて、ほんとうれしいよ」
 しかし、スプリンターズS(11着)では末脚が不発に終わる。ゲート入りを嫌がって平常心を失い、京阪杯も14着。しっかりリフレッシュされ、阪急杯でタイム差なしの3着に迫ったが、高松宮記念(17着)、函館スプリントS(15着)、キーンランドC(7着)と、なかなか歯車が噛み合わない。
 不運に見舞われたのがスワンSだった。直線で他馬に進路をカットされて落馬。幸い馬体に大きなケガはなかったが、繁殖入りの期限(クラブの規定により6歳3月)までに万全の状態で出走するのは難しいと判断。引退が決まった。
 浮き沈みが激しかったとはいえ、ハイレベルな重賞で2度の輝きを放ったローブティサージュ。天才的な遺伝子を受け継いだ産駒の誕生を心待ちにしている。
 


第9回 キーンランドカップ(GⅢ)
1着ローブティサージュ 牝4 54 三浦皇成 須貝尚介
2着レッドオーヴァル  牝4 54 池添謙一 安田隆行
3着マジンプロスパー  牡7 56 福永祐一 中尾秀正

 単勝  640円
 枠連  710円
 馬連 1,340円
 馬単 2,990円

3連複  4,610円
3連単  24,680円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP