平日コンテンツ

キーンランドC 一流ジョッキーは一瞬の判断が違いますね


サマースプリントシリーズ5戦目となるGⅢレース、第12回キーンランドカップが札幌競馬場で行われました。

優勝は単勝12番人気、9歳馬のエポワス。
夏の函館・札幌競馬は毎年参戦しているので慣れたもの、今回は人気がありませんでしたがこれまで人気を背負っての好走も多い馬です。キーンランドカップには一昨年がモレイラ騎手、昨年はデムーロ騎手、そして今年はルメール騎手といずれも名手を背にして臨み、3度目で嬉しい重賞初勝利をあげました。

レース前半は後方で待機、というか実際のところペースが速いため忙しすぎて前についていけなかったのではないでしょうか。結果的にそれが幸いしエポワスにとっては最高の展開となり、脚を十分にためて向いた最後の直線ではメンバー最速の上がり34.4秒の脚を使って鋭く伸びてきました。


ルメール騎手が上手いのは、3~4コーナーで内側を通ったあと、直線に向いたときも外へ出さないコース取りをしたところですね。
開催が進むにつれ馬場の内側は荒れてきて伸びなくなります。後ろから行く馬に乗る騎手たちが、馬場の良い外側へと進路を取りたがるのは当然で、外へ出せば内にいる馬が邪魔にならず何の心配もなく追い出して、伸び伸びと走ることができます。

しかしルメール騎手は内のスッポリ空いたところを狙い一気に追い込んできました。
あそこで外に持ち出していたら届かなかったでしょう。そういう判断がやはり一流ジョッキーだなと思います。


2番人気ソルヴェイグは速い流れの中で2番手をキープし追走、直線で逃げたナックビーナスを捕らえたものの勝ち馬に抜け出されクビ差の2着。この展開で2着にくるのだから、やはり底力がありますね。強いです。


モレイラ騎手騎乗もあって3番人気の支持を集めたシュウジは案外の結果。
この馬は折り合いが大変難しく、乗っている騎手は大変でしょうが、もしも上手く後方で脚をためられるレースができれば最後には鋭く切れる脚を使ってくれます。

騎手がどう乗るかが大きなカギとなるため、名手がどんな乗り方をするのか、とても楽しみに観戦していました。が、結果は大差のシンガリ負けを喫してしまいました。


レースではスタート良く3番手につけて、折り合いは結構スムーズだったと思います。
ただそれはペースが速かったことで、流れに乗ってしまった(飲まれた)感じ。馬に対する“あたり”など、さすがと思わせるところもありましたが、前半に脚がたまらなかったために最後の直線は見どころがなく最後方でのゴールとなってしまいました。負担重量が58キロというのも響いたかもしれません。

このレースを見て感じたのは、この馬の場合、前半で馬と鞍上がケンカをしてもかまわないので抑えられるだけ抑えて、最後の上がり勝負に賭けた方が好結果を生むのではないかということ。力がある馬なので、また次に期待したいと思います。




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP