重賞コンテンツ

『名将が愛した大切な宝物』


【2014年 京成杯オータムハンデキャップ】

 日本競馬に偉大な足跡を刻んだ橋口弘次郎調教師。馴染みの繁殖も数多いが、母エリモピクシー(7勝、重賞での3着が3回)の産駒からは、タイトルウイナーに輝いた所属馬が3頭も登場した。重賞を計10勝している。
「よく似た3兄弟で、みなマイル前後で瞬発力を発揮。それでも、母の全姉にエリザベス女王杯を制したエリモシックがいる。重厚なダンシングブレーヴの肌だけに、成長力にも富んでいた」
 と、名将は血統の魅力を話す。そのなかでも、最もスケールの大きさを感じさせたのがクラレントだった。
「アグネスタキオンを父に持つリディル(デイリー杯2歳S、スワンS)、レッドアリオン(マイラーズC、関屋記念)よりも伸びやかさがあり、長くいい脚を使える。ダンスインザダークの特長も、うまくマッチした個性なんだ」
 2歳7月、京都の芝1400mでデビューすると、直線一気に付き抜け、2馬身半差の楽勝。早速、素質の高さを見せ付けた。
「大山ヒルズでの育成時もいいキャンターをしていた。入厩後も1か月ほどでスムーズに出走態勢が整ったよ。フットワークが大きいので、稽古では速いタイムが出ない。でも、追われてからもフォームがぶれず、まっすぐに走れる。実戦で味があったね」
 夏場のリフレッシュを経て、デイリー杯2歳Sへ。後躯にたくましさを増し、さらに末脚が磨かれてきた。重賞の厚い壁をいきなり突破する。ただし、気持ちのコントロールに課題を残し、しばらくは着順が激しく上下動。そんななかでも、NHKマイルC(3着)で見せた末脚は、将来の飛躍を予感させるものだった。
「3歳秋になり、だいぶ大人っぽい体付きに変わってきた。集中力が高まって、精神的にも充実。調教でも無理なく好タイムが出るようになったよ」
 ぐっと安定味が加わり、富士S、東京新聞杯と優勝。エプソムCでは積極的にポジションを取り、早め先頭から押し切るかたちで凌ぎ切ったように、脚質にも幅が出た。
「ペースによっては、当時も引っかかる心配があったけれど、左回りなら信頼度がアップ。いよいよ完成の域に入ってきた」
 あと一歩で勝ち切れなかったとはいえ、毎日王冠(3着)、阪神C(3着)、東京新聞杯(3着)、京王杯SC(2着)などでも、確かな能力を再認識させた。過酷な不良馬場となった安田記念(10着)に続き、中京記念(8着)も荒れたコースに泣く。関屋記念は、やや重の発表ながら新潟特有の高速決着。大外から豪快な差し切りが決まった。
 コンスタントに走っても、長く好調をキープ。同年の京成杯AHは、新潟で施行された。狙わない手はない。ここでは、すっと逃げ馬の後ろに付け、抑えたままでリズムに乗る。ぎりぎりまで追い出しを待ち、直線半ばからスパート。あっさり後続の追撃を完封した。
 結局、これが最後の勝利となったが、6歳時の安田記念は3着に健闘した。翌春のマイラーズCも3着。8歳にして京王杯SCに2着するなど、晩年になっても力の衰えなど感じさせなかった。安田記念(9着)がラストラン。屈腱炎を発症しなければ、41戦(7勝)のキャリアは、さらに延ばせたはずである。
 馬づくりのベテランにとっても、クラレント(アイルランド神話に登場するアーサー王の重宝のこと)は宝物のような一頭。大山ヒルズで乗馬となり、静かに余生を過ごしている。見守られる後輩へも、きっと幸せの波動が届くに違いない。
 


第59回 京成杯オータムハンデキャップ(GⅢ)
1着クラレント     牡5 58 田辺裕信 橋口弘次郎
2着ブレイズアトレイル 牡5 55 津村明秀 藤岡健一
3着ミトラ       せ6 56 Mエスポ 萩原清

 単勝  490円
 枠連  890円
 馬連 4,600円
 馬単 7,360円

3連複  40,530円
3連単  153,480円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP