重賞コンテンツ

『甘く切ない勝利のキッス』


【2006年 ローズステークス】

 5歳時の京都牝馬Sで1年2か月ぶりとなる勝利を収めながら、右前肢を骨折する不運に見舞われたアドマイヤキッス。療養中に疝痛を起こして暴れ、安楽死の処置が取られた。悲劇的な最期ではあったが、牝馬3冠ですべて1番人気に推されたスターホース。多くのファンに愛された。
 父は日本競馬を一変させたサンデーサイレンス。母キッスパシオン(その父ジェイドロバリー、3勝)は、札幌3歳Sを2着した。同馬の半弟にパッションダンス(新潟大賞典2回、新潟記念)がいる。セレクトセール(当歳)にて6200万円で落札された。
 ノーザンファームでの育成時も、素軽い動きが評判。2歳6月には栗東へ移動。阪神の芝1600m(コンマ1秒差の2着)に続き、札幌の芝1800m(ハナ差の2着)でも断然人気を裏切ったとはいえ、安定した伸び脚を駆使する。同条件の未勝利を5馬身差で突破すると、クラシックを見据え、翌春までゆっくり成長を促した。
 半年ぶりにもかかわらず、チューリップ賞に優勝。後方から大外を回って差し切り、ポテンシャルの違いを見せ付けた。いったん先頭をうかがいながら、桜花賞はキストゥヘヴンの強襲に屈して2着。オークスも伸び切れず、カワカミプリンセスの4着に終わった。
 即座にスイッチが入り、調教でも常に全力を尽くす個性。夏の充電期間を経て、時計を出し始めたのは9月に入ってからだが、ローズSに臨んだ際も、馬体はすっきり仕上がっていた。同年は改装前の中京で施行。平坦・小回りを意識し、極力、ロスを避けながらも、好位でリズム良く折り合えた。先行勢が止まらない流れとなり、一時は勝負が決したかと思われる決定的な差が開く。ところが、ラスト1ハロンで大逆転。目を見張る瞬発力で、きっちり差し切って見せた。
 完璧なパフォーマンスに、武豊騎手も満足げに振り返る。
「いつもスタートは速くないけど、あせらなくても、狙い通りに内に入れられた。動くに動けないポジションにいて、マイペースに徹したが、直線もうまくインに進路ができたからね。ゴーサインを出したら、文句なしの反応。春当時と体が大きく変わっていないとはいえ、もともとの才能は超一流だよ。順当な勝利だと思う」
 だが、秋華賞は4着。メンバー中で最速タイの上がり(34秒4)で追い上げても、後方の位置取りに泣いた。早めに動く戦法で挑んだエリザベス女王杯も、5着に敗退した。
 愛知杯を快勝し、鬱憤を晴らしたものの、以降もなかなか脚の使いどころが噛み合わない。翌年の愛知杯(3着)まで7連敗。それでも、ヴィクトリアマイル(7着)を除き、常に掲示板を確保する。中身が濃い競走生活だった。
 ラストランまで少女の面影を残しながら、懸命にファイトを燃やしたアドマイヤキッス。甘く切ないキッスの余韻が、いまでも心を締め付ける。
 


第24回 ローズステークス(GⅡ)
1着アドマイヤキッス 牝3 54 武 豊  松田博資
2着シェルズレイ   牝3 54 四位洋文 松田国英
3着フサイチパンドラ 牝3 54 福永祐一 白井寿昭

 単勝  260円
 枠連 3,150円
 馬連 4,010円
 馬単 5,240円

3連複  2,960円
3連単  19,990円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP