重賞コンテンツ

『中山を愛した勇敢な騎士』


【2012年 オールカマー】

引退後は中山競馬場で誘導馬となったナカヤマナイト。順調に訓練が進み、今秋よりファンの出迎え役を務めている。
 ドバイシーマクラシックや香港ヴァーズを制した底力を産駒に伝え、種牡馬として大成功したステイゴールドが父。母フィジーガール(その父カコイーシーズ)は地方で3勝した。兄弟にベストオーカン(2勝、地方1勝)、サウスパシフィック(2勝、地方8勝)がいるとはいえ、地味なファミリーである。セレクトセール(1歳)での落札価格は1000万円だった。
 2歳夏に新潟の芝1800mでデビュ―。出遅れが響いて3着だったものの、ラストの伸びは目を見張るものがあった。続く同条件もあと一歩の2着。中山のマイルを豪快にまくり、順当に初勝利をつかむ。
 気性面に激しさを抱えながらも、百日草特別(2着)も堅実に走り、ベゴニア賞で2勝目を挙げた。ホープフルS(2着)はハナ差の惜敗。インを鮮やかに突き抜け、共同通信杯で初のタイトルを奪取する。
 皐月賞(5着)、ダービー(4着)とも崩れずに掲示板を確保。秋にはナカヤマフェスタに帯同し、フランスへ遠征した。ニエル賞(5着)、ドラール賞(10着)と結果を残せなかったが、この経験も心身の成長につながる。ディセンバーSで一気の差し切りを決め、4歳シーズンの飛躍を予感させた。
 アメリカJCCを2着に健闘。ただし、折り合いに課題が残り、大阪杯(5着)、鳴尾記念(4着)とも善戦止まりだった。宝塚記念も8着に終わる。夏場の充電を経て、オールカマーに挑む。
 スタートで躓いても、直線手前では楽な手応えで2番手へ進出。降雨で重となった馬場を跳ね除け、ラストまで力強く伸びる。危なげない勝利だった。
 会心のパフォーマンスに、二ノ宮敬宇調教師は晴れやかな笑みを浮かべた。
「牧場でも乗り込んでいましたので、帰厩した当時は細く映るくらいでしたが、うまく調整でき、きょうはプラス10キロ。少し重いのかなと思っていたのに、まったく問題なかったですね。ステイゴールドの仔ですし、道悪はそんなに下手ではないと見ていました。いい勝ち方ができましたよ。筋肉が柔らかいのが持ち味で、段階を踏むごとに進歩しています。精神的にも大人に。間隔が開き、燃えすぎないかとの心配も払拭してくれました」
 流れに乗れなかった天皇賞・秋(9着)に続き、有馬記念(7着)は大外枠に泣く。歩様が乱れ、AJCCを回避する誤算があっても、丁寧な立て直しが実る。中山記念をきっちりと差し切り、3度目の重賞制覇がかなった。
 しかし、徐々に本来の闘争心が薄れていく。7歳になり、新潟大賞典で2着に浮上しながら、脚元に炎症を発症。1年のブランクを乗り越え、エプソムC(17着)、七夕賞(16着)と歩んだところで、引退が決まった。
 共同通信杯での勝利も印象に残るが、全6勝のうち、中山コースで4勝をマーク。得意の競馬場で余生を送り、長くファンに愛されるに違いない。
 


第58回 産経賞オールカマー(GⅡ)
1着ナカヤマナイト   牡4 56 柴田善臣 二ノ宮敬宇
2着ダイワファルコン  牡5 56 北村宏司 上原博之
3着ユニバーサルバンク 牡4 56 Nピンナ 松田博資

 単勝  310円
 枠連 1,270円
 馬連 1,790円
 馬単 2,740円

3連複  8,140円
3連単  31,940円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP