重賞コンテンツ

『明るい未来を予感させる若き日の英雄譚』


【2003年 神戸新聞杯】

 父サンデーサイレスの特長をストレートに受け継いで誕生したゼンノロブロイ。セレクトセール(当歳)にて9000万円で落札された。
 母ローミンレイチェル(その父マイニング)は米G1・バレリーナHをはじめ、重賞3勝をマークした名牝。同馬の半姉にダーリングマイダーリング(G1・フリゼットSを2着、同・メイトロンS2着)、ストレイキャット(クイーンCに勝ったキャットコインやファンタジーSの覇者であるタガノエリザベートの母)らがいる。
 もともと期待が大きかった反面、体質は繊細であり、化骨も遅め。じっくりと仕上げられ、3歳2月にようやくデビューにこぎ着けた。それでも、ポテンシャルの違いを見せ付け、中山の芝1600mを大外一気に突き抜けて新馬勝ちを飾る。続くすみれSは3着に敗れたものの、左トモを落鉄していた。強い調教は施さず、心身を整えることに専念している段階にあっても、山吹賞は2馬身半差の完勝だった。
 わずか3戦のキャリアながら、青葉賞も1番人気(単勝2・3倍)に推された。好位で折り合いに専念し、手応え十分に直線へ。大きく右へもたれる若さを見せたとはいえ、あっさりと抜け出した。ダービー(2着)でも2番手から長く脚を駆使。勝ったネオユニヴァースとは半馬身差の健闘だった。
 秋は神戸新聞杯より始動。ライバルのサクラプレジデント(札幌記念、皐月賞2着)、ネオユニヴァース(クラシック2冠)をマークして運び、絶好の反応で直線へ。ラストの瞬発力は目を見張るものだった。ラスト1ハロンで先頭に躍り出て、2着のサクラプレジデントに3馬身半もの差を広げた。
 初めて手綱を取ったケント・デザーモ騎手も、こう声を弾ませる。
「エンジンをかける前に、サクラが早めに動いたけれど、あせりはなかったよ。外へ出したら楽々とトップスピードに。すばらしい伸びだったね。トレーナーが菊花賞を目指すといっているんだから、距離もこなせるはず。この馬が同世代に負けるシチュエーションなんて、考えにくいんじゃないかな」
 ところが、菊花賞では内に包まれてスムーズさを欠き、4着に敗れる。有馬記念も同厩の先輩にあたるシンボリクリスエスの3着だった。
 翌春は日経賞(クビ差の2着)から始動する。イングランディーレの大逃げが決まった天皇賞・春を2着。宝塚記念でもG1の壁に跳ね返され、4着に終わった。
 秋緒戦の京都大賞典こそクビ差の2着だったが、得意の東京で快進撃が始まる。出遅れながらも、天皇賞・秋を鮮やかに差し切り、念願のチャンピオンに。ジャパンCは3馬身差の圧倒的な勝ち方だった。さらに有馬記念もレコードタイムで手中に収める。
 5歳時は宝塚記念(3着)をステップにイギリスのG1・インターナショナルS(2着)へ。慣れない馬場を克服し、エレクトロキューショニストとクビ差の接戦を演じた。
 帰国後も天皇賞・秋(アタマ差の2着)、ジャパンC(レコードで制したアルカセットにコンマ3秒差の3着)と勝ち切れなかったが、常に上位に食い込んだ。唯一、掲示板を外した有馬記念(8着)にしても、「スタートで内の馬にぶつけられた。ゴールを過ぎて躓いたし、脚を傷めた影響」(デザーモ騎手)だった。
 コンスタントに良績を積み上げ、産駒のJRA勝利数が通算600勝に到達したところ。ファーストクロップよりサンテミリオン(オークス)、マグニフィカ(ジャパンダートダービー)などを輩出しているように、パワーやスタミナに優れ、大レース向きの底力も魅力である。新たなスターの登場を待ちたい。
 


第51回 神戸新聞杯(GⅡ)
1着ゼンノロブロイ   牡3 56 Kデザーモ 藤沢和雄
2着サクラプレジデント 牡3 56 武 豊   小島太
3着ネオユニヴァース  牡3 56 福永祐一  瀬戸口勉

 単勝  390円
 枠連  540円
 馬連  540円
 馬単 1,210円
3連複  380円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP