重賞コンテンツ

『荒々しくも華麗な女王のステップ』


【2013年 秋華賞】

 2歳11月に京都の芝1400mでデビュー勝ちを飾ったメイショウマンボ。単勝2・6倍の支持にふさわしい余裕の差し切りだった。
 父は天皇賞・春を制したスズカマンボ。サンビスタ(チャンピオンズC)を送り出しているように、サンデーサイレンスの後継ながらパワーやスタミナに優れた産駒が多い。母メイショウモモカ(その父グラスワンダー)は未勝利に終わったが、祖母のメイショウアヤメがオープンで2勝を挙げ、報知杯4歳牝馬特別でも2着している。
 ただし、阪神JFは出遅れが響き、10着に敗退。気性の激しさを露呈したことで、以降はすべて2番人気以下に甘んじる。それでも、紅梅Sで2着に追い上げ、こぶし賞に勝利。控えて末脚を爆発させるレーススタイルが板に付き、フィリーズレビューを鋭く突き抜けた。
 桜花賞(10着)は終始、外を回る苦しいかたち。9番人気まで評価を下げていたオークスだったが、距離への不安をあっさり払拭する。中団でスムーズに折り合い、最後まで力強い伸びが持続。後続を寄せ付けず、栄光のゴールに飛び込んだ。
 みごとに導いた武幸四郎騎手(現調教師)は、こう感激の涙を浮かべた。
「この勝利は格別。桜花賞ではうまく乗れず、直接、オーナーに頼み込み、オークスへは追加登録(別途200万円が必要)してもらった経緯があります。最高の恩返しができました。パドックでは危ないくらいにイレ込んでいて、ゲート裏もパニック状態。事前の作戦など吹き飛び、抑えるのに必死でした。抜群の反応でも、直線は後ろを振り返らず、夢中で追いましたよ。僕の方が慌てて、フォームがバラバラでしたね」
 秋緒戦のローズSを4着に惜敗しても、能力の絶対値に対するジョッキーの信頼はまったく揺るがなかった。秋華賞へ向け、ぐんと調子を上げていく。
 馬の気持ちに沿い、前半はじっくり脚を温存。内回りコースを意識して、4コーナーから進出を開始した。外へ張られながらも、鮮やかに抜け出し、2着とはコンマ2秒差の決定的な差を付けた。
「重馬場だった前走と違い、きれいな芝。自信を持って運べましたよ。持ち味をフルに発揮できましたから。こちらの期待通りに成長しています」
 牝馬2冠のみならず、エリザベス女王杯では古馬を完封。生憎の降雨にもかかわらず、大外を楽々と差し切りを決めた。
「前走のデキをキープし、充実しています。いつもより前目のポジションを思い描いていて、内目の枠でも、上手に走ってくれました。直線も手応え十分。条件が厳しかったのに、ほんとタフです」
 しかし、一気に頂点に登り詰めた反動は大きかった。翌春のヴィクトリアマイルを2着したものの、徐々に本来の闘志が失われていく。懸命の立て直しも実らず、4歳以降は無念の21連敗を喫した。
 7歳春の阪神牝馬S(14着)がラストラン。生まれ故郷の高昭牧場で繁殖入りした。競走生活の後半は全力を尽くしたとは思えず、活力を残しての引退である。非凡な才能を受け継いだ産駒の登場が楽しみでならない。
 


第18回 秋華賞(GI)
1着メイショウマンボ 牝3 55 武幸四郎 飯田明弘
2着スマートレイアー 牝3 55 武 豊  大久保龍志
3着リラコサージュ  牝3 55 池添謙一 藤原英昭

 単勝  520円
 枠連  630円
 馬連  950円
 馬単 2,250円

3連複  50,030円
3連単  233,560円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP