重賞コンテンツ

『驚きと感動に包まれた奇跡的な軌跡』


【2014年 菊花賞】

 従来の日本レコードを1秒5も短縮する驚異のタイム(3分1秒0)を叩き出し、2014年の菊花賞を制したトーホウジャッカル。好位のインで折り合ってスパートのタイミングをうかがい、早め先頭から後続を完封する堂々たる内容だった。
 開業20年目だった谷潔調教師にとっても、これが初となるG1の勲章。こう感激の瞬間を振り返る。
「絶好の2番枠を引け、ああなったらいいなと思い描いたとおりのレース運びです。2着馬が迫ってきたら、ぐっと頭を下げてもうひと伸び。ゴール手前で勝てる確信があったとはいえ、夢を見ているようでしたよ」
 持ち味をフルに引き出したのが酒井学騎手。初騎乗の菊花賞で栄冠を勝ち取った。デビュー17年目ながら、芝のG1は初勝利だった。
「自信を持って勝負した学くんに尽きます。ゲートを押して出し、ポジションを取りにいきましたからね。神戸新聞杯(アタマ+アタマ差の3着)は、ラストで外に振られました。それでも、1000万下の身での健闘。目いっぱいだろうと思ったのに、ジョッキーの悔しがり方はこちらが圧倒されるくらいでしたよ。いまとなれば、馬も『こんなもんじゃない』って訴えていた。へこたれるどころが、さらに調子を上げたんです。距離延長も難なく克服し、豊富なスタミナを証明。速い時計が出る馬場もプラスに働きましたね。いまの大舞台に不可欠なスピードも兼備しています」
 父は中長距離のGⅠを4勝したスペシャルウィーク。待望の牡馬クラシックホースである。母トーホウガイア(その父アンブライドルズソング)は地方で9勝。同馬の半姉にスプリント戦線で活躍したトーホウアマポーラ(CBC賞など6勝)がいる。芝12ハロンの米G3・ヴァインランドHに勝ち、G1・フラワーボールHでも3着した曽祖母アガセリーに連なるファミリー。奇跡の馬が誕生したのは、東日本大震災が発生した当日のことだった。
「1歳の後半くらいにオーナーより声をかけていただきました。当時もしっかりした馬体。大物感がありましたよ。武田ステーブルでの育成も順調に進行。ところが、栗東への移動を考えていた矢先、ウイルス感染による腸炎を発症。一時は体重が50キロ近く落ち、歩くのもままならない状況でした。競走馬になるのは難しいと思えましたね」
 だが、懸命の治療と想像以上の生命力で立ち直り、再びペースアップ。3歳3月に谷師の手元にやってきた。
「デビュー戦(京都の芝1800mを10着)にこぎ着けたのは、ダービーが行われた週です。まさか3冠目に間に合うなんて。追い切りでは好タイムをマークしていましたが、とにかく無事にと願っていましたよ」
 初戦は出遅れて直線だけの競馬。優先出走権がないと芝へのエントリーがかなわず、ダートを試した6月の阪神も、砂を被って9着に終わる。ここから急激な進歩を示し、中京(芝1600m)をハナ差で競り勝つと、小倉の芝1800mも連勝。玄海特別は2着だったが、最速タイの上がり(34秒7)でクビ差まで追い詰めた。
「心配した反動などなく、レースを重ねても体調は安定したまま。使うたびに動きが良化したうえ、精神的にもたくましくなっていく。だんだん落ち着きが出て、操縦性を高めましたしね。まだ奥があるのかって、感心させられました」
 出走149日での菊花賞勝ちは最短記録。さらなる成長が見込めた。ところが、右前の蹄を打撲する不運に見舞われ、予定していた阪神大賞典や天皇賞・春を回避。宝塚記念(4着)で復帰を果たしたものの、札幌記念(8着)を走り終え、球節に不安が発生。一度狂った歯車はなかなか修正できず、5歳春も連敗を重ねた。金鯱賞(11着)がラストラン。右前に屈腱炎が認められ、早すぎる引退が決まった。
 アロースタッドで種牡馬入り。決して需要が多いとはいえないが、意外性に満ち、あっさり常識を覆した遺伝子である。新たなドラマを巻き起こす逸材の登場を待ちたい。
 


第75回 菊花賞(GI)
1着トーホウジャッカル 牡3 57 酒井学  谷 潔
2着サウンズオブアース 牡3 57 蛯名正義 藤岡健一
3着ゴールドアクター  牡3 57 吉田隼人 中川公成

 単勝  690円
 枠連 2,310円
 馬連 2,640円
 馬単 4,470円

3連複  13,340円
3連単  59,220円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP