重賞コンテンツ

『緻密に磨き抜かれた閃光の末脚』


【2012年天皇賞・秋】

「重厚なドイツの名門牝系。初めて見た当歳の後半でも、たくましい馬体をしていたよ。でも、歩かせると軽さも併せ持っていたんだ。柔らかい筋肉の持ち主で、切れ味だって見込んでいた」
 と、藤原英昭調教師は、エイシンフラッシュとの出会いの瞬間を振り返る。当初から大きな夢を抱かせる一頭だった。
 社台ファームで誕生していても、イギリス2000ギニーの覇者である父キングズベストの産駒。ドイツ産のムーンレディ(その父はプラティニ、独セントレジャーなどグループレースを4勝)が母という底力に富んだ血脈の持込馬である。
「デビュー戦(2歳7月の阪神、芝1800mを6着)に関しては、練習的な意味合いが強かった。その後の放牧で狙いどおりに成長。与えた課題を順調にクリアしてくれたね」
 しっかり乗り込めるようになり、10月の未勝利(京都の芝2000m)で初勝利。折り合いを欠いた萩S(3着)の経験もプラスに働かせ、エリカ賞で2勝目をつかむ。  初の長距離輸送に加え、未体験の中山コースに替わった京成杯だったが、スムーズに3番手で折り合う。着差はハナだったが、ラストに向けてラップが上がる決め手比べ。長くトップスピードを持続させた。
「基礎がしっかりしていない若い時期に多くを求めすぎれば、脚元への負担も大きい。あの当時でも意識して筋肉量を増やさず、軽めの体につくっていたし、故障のリスクを回避しながら、慎重にステップアップ。無理せず重賞に手が届き、価値ある一戦になったよ。その後の展望も拓けた」
 クラシックの有力候補に躍り出たものの、鼻肺炎を発症するアクシデント。3か月の休み明けで皐月賞に挑むこととなる。並大抵の馬では力を出せない高いハードルだが、狙い定めていた1冠目。コンマ2秒差の3着と、11番人気の低評価を覆す健闘を見せた。続くダービーでも7番人気にすぎなかったが、かつての同馬とは思えぬ切れを発揮。すべてのホースマンがあこがれる栄光をつかんだのだ。
「運がある馬だと思う。もちろん、恵まれて勝ったという意味ではなく、ダービー馬となるのにふさわしい能力があった。それに、ふさわしい仕上げをした自負もあって、最高のデキだったよ。ただ、全部の条件が合致しないと簡単には勝てない舞台だもの。あの流れのなかでは、これしかないという走りができた。普通はありえない上がり(32秒7)を繰り出しても、無事に終えられたことが一番の幸運だと思う」
 秋緒戦の神戸新聞杯はクビ差の2着。だが、菊花賞への最終追い切りを終えた時点で左トモに筋肉痛を発症してしまう。微妙な歯車のずれであっても、それを修正するのは容易ではなかった。ジャパンを8着。有馬記念ではブエナビスタに次ぐラスト34秒2の上がりを駆使しながら7着に終わる。
 十分なケアを施して再スタートした4歳シーズンも、天皇賞・春(2着)、宝塚記念(3着)、有馬記念(2着)と、善戦どまり。ドバイワールドC(6着)以降も連敗は続く。久々に閃光の末脚を爆発させたのが、5歳時の天皇賞・秋だった。
「無我夢中に勝ちにいき、ダービーでは念願がかなった。あれから2年5か月。本当に長かったよ。ミルコ(デムーロ騎手)も言っていたが、天覧競馬で勝てて夢のよう。まったく違った喜びだった。
 出走させる都度、調子を整えて勝負してきたのに、なかなか結果が出ず、ピークがつかみにくかった。そのなかでも、ひと叩きされ、明らかに上向き。状態には自信を持っていたね。他陣営も同様とはいえ、交通渋滞により輸送が2時間半も遅れた。ただ、古馬になって精神力も強くなっていて、影響はなかったよ。
 ジョッキーとは2週間くらい前からコンタクトを取り、納得するまで話し合った。枠順が決まってから、過去に成績が出ている12番枠をどう使うか、じっくり相談したしね。まさにイメージどおりの位置取り。直線でインが開くのは、さすがに予想できなかったけど、理想的なパターン。まっすぐに突き抜けてくれた。つい『よし』と声が出たなぁ」  6歳になっても、毎日王冠で勝利を飾った同馬。引退レースに予定されていた有馬記念は、直前で歩様が乱れ、回避することとなった。会見に臨んだ藤原師は、わき上がってくる感情を抑え切れず、思わず涙した。
「いろいろな試練があったからこそ、スタッフも成熟できたんだ。馬に感謝するしかない」
 スターホースとの別れは、新たな夢への出発点。ますますレベルアップする敏腕ステーブルの仕事から目が離せない。そして、2歳となったエイシンフラッシュのファーストクロップも、次々とデビューを迎えている。日本競馬に新たな活力を吹き込むに違いない。
 


第146回 天皇賞(秋)(GI)
1着エイシンフラッシュ 牡5 58 Mデムーロ 藤原英昭
2着フェノーメノ    牡3 56 蛯名正義  戸田博文
3着ルーラーシップ   牡5 58 Iメンディ 角居勝彦

 単勝 1,660円
 枠連 1,850円
 馬連 3,250円
 馬単 8,980円

3連複  3,990円
3連単  39,520円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP