重賞コンテンツ

『長い直線に響く独創的なメロディー』


【2014年 武蔵野ステークス】

 アジュディミツオー(NARグランプリ年度代表馬2回)をはじめ、砂戦線に多数の強豪を送り出したアジュディケーティング。ワイドバッハは、派手なインパクトを残した晩年の傑作である。母は地方で4勝したグリーンヒルレッド(その父スキャン)。関東オークスで4着に健闘した実力馬だった。
「1歳の秋に出会ったころから、とてもやんちゃでしたね。集中力を欠きがちなのが課題でも、常に元気があり余っているくらい。健康的な馬でした」
 と、庄野靖志調教師は若駒当時を振り返る。
 2歳11月、京都のダート1200mでデビュー。出遅れながら、あっさり差し切りを決めた。4着、3着と着順を上げ、2月の京都(ダート1400m)で2勝目をマーク。ユニコーンSでも渋太く5着に食い下がった。
「調教は無理なく動け、仕上げに苦労はありません。いかにも粗削りな状況なのに、大崩れしないのには感心させられましたよ」
 秋以降の4戦も掲示板を確保。1800m以上に目を向け、2着を2回続ける。リフレッシュ放牧後の3戦は人気を裏切ったものの、4歳夏の小倉(ダート1700m)で順当に勝利をつかんだ。
「しばらく歯がゆい思いをしたとはいえ、初戦より体重が40キロほど増え、どんどんたくましくなっていく。使い込むと疲れが出やすかった脚元も、すっきりした状況のまま。キャリアを積むごとに競馬を覚えてきましたしね」
 筋力アップに加え、終いの鋭さを増してきたことから、11月に再スタートすると、1400mに照準を絞る。ぐっと成績が安定。いきなり1000万クラスを卒業し、昇級2戦目の羅生門Sを快勝する。
 オープンでの勝利に6戦を要したが、うち5走が4着以内。7着に敗れたプロキオンSでも、上がり(35秒1)はメンバー中で最速だった。エルコンドルパサーメモリアルでのパフォーマンスは圧巻。豪快に突き抜け、後続にコンマ3秒の差を付けた。
「快活な性格は変わりませんが、だいぶどっしりし、大人っぽくなりましたよ。こちらも個性に合った調教方法を確立できました。体力の向上に見合った負荷をかけ、当週はテンションを上げすぎないように追い切れば、しっかり走ってくれる。じわじわと力を付け、ようやく完成の域に入ってきた実感がありました」
最後方から直線一気に追い込み、武蔵野Sで重賞初制覇を成し遂げる。ペースに恵まれたとはいえ、その破壊力は桁違い。レースの上がりを1秒4も凌ぐ決め手(3ハロン35秒7)を駆使している。
「エンジンがかかるのが遅めなだけに、いつもひやひやして見ていたのに、余裕の手応えで直線へ。これなら届くと思いましたよ。久々のマイルや相手強化をあっさり克服。夢はふくらむ一方でした」
 チャンピオンズCでも不利な展開のなか、断然の伸び(ラスト35秒4)で差を詰めた。翌年の根岸S(2着)も、大外を強襲して場内を沸かせる。
 しかし、以降の4戦は末脚が不発。左前に屈腱炎を発症してしまい、1年のブランク。懸命の立て直しも実らず、復帰2戦で引退が決まった。
 独創的なメロディーを奏で、ファンに深い感銘を与えたワイドバッハ(馬名は音楽の父、バッハより)。中国に輸出され、種牡馬となった。ぜひ現地で競馬興隆の父となってほしい。
 


第19回 武蔵野ステークス(GⅢ)
1着ワイドバッハ    牡5 56 武 豊  庄野靖志
2着エアハリファ    牡5 56 三浦皇成 角居勝彦
3着グレープブランデー 牡6 58 北村宏司 安田隆行

 単勝  970円
 枠連  740円
 馬連 1,950円
 馬単 4,890円

3連複  32,590円
3連単  167,440円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP