平日コンテンツ

『長き航海を強靭な船体で乗り越えて』


【2012年 有馬記念】

「当歳時に出会って以来、いい印象しか残っていない。他馬とじゃれる姿が愛らしくても、しっかりした馬格をしていてね。母も500キロを超える巨漢。ただ、体が硬く、どちらかといえばダート向きだった。ところが、サンデーサイレンス系らしい柔軟性を兼ね備えていて。フットワークはあまり似ていないよ。両親の長所だけを受け継いだ感じなんだ」
 と、須貝尚介調教師が振り返るのは、最高傑作となったゴールドシップについて。
 母ポイントフラッグも馴染みの繁殖であり、唯一の勝ち鞍(京都の新馬、芝1600m)をジョッキー時代に挙げている。オークスやエリザベス女王杯でもコンビを組んだ。
 配された父はステイゴールド。抜群の相性を誇る母父メジロマックイーンとの組み合わせである。代表的な成功例であるドリームジャーニーやオルフェーヴルとは、ノーザンダンサーの5×4というクロスまで共通している。
 吉澤ステーブルで順調に乗り込まれ、5月末に栗東へ。1か月弱、坂路でタイムをマークした後、函館競馬場に移動した。
「長い距離へ対応できるスタミナや、タフな洋芝をこなせるパワーは見立て通り。でも、デビュー戦(7月9日の芝1800mをレコードタイムで差し切り)から勝ち負けになるなんて、想像していなかったなぁ。明らかに太く、筋肉が付ききっていなかったもの。あの強さを目の当たりにして、とてつもない馬かもしれないと思い始めたね」
 2戦目はコスモス賞を選択。初戦同様、スタートで後手を踏んだものの、危なげなく抜け出した。このころになると体力強化は目覚ましく、調教の反応に鋭さを増してきた。
「遊び遊び走っていて、ゴール前ではソラを使ったほど。札幌2歳S(半馬身差の2着)に関しても、能力は十分に示しているよ。まだトモが緩かったから、致命的な出遅れ。でも、前に馬がいれば懸命に追いかける。精神面の頼りなさも薄れつつあった」
 将来を見据えてローテーションが組まれ、一戦ごとに心身の強化が図られていく。ラジオNIKKEI杯2歳Sも粗削りな面に泣かされたとはいえ、豪快にまくって2着を確保。好位追走がかなった共同通信杯で、やる気にあふれる陣営に初となる重賞の勲章をもたらす。
 そして、皐月賞を快勝。後方の苦しい位置取りとなったが、3コーナーから荒れたインを進出し、後続に2馬身半差の差を付けた。ダービーは5着に敗れたとはいえ、メンバー中で最速タイとなる33秒8の上がりを駆使している。秋緒戦の神戸新聞杯を2馬身半差の完勝。単勝1・4倍の圧倒的な人気に応え、危なげないパフォーマンスで菊花賞馬に輝く。
 有馬記念はスタートが決まらず、最後尾のポジション。それでも、6つのコーナーのうち、4つをロスなくインで回り、3角手前から馬群の外へ持ち出してスパートする。中盤で12秒7まで落ちたラップが、再び12秒前後に上がったタイミングにもかかわらず、ぐんぐん上昇していく。大外に持ち出した直線も勢いは衰えず、豪快に突き抜けた。ラスト3ハロンは次位をコンマ3秒凌ぐ34秒9の鋭さ。持ち前のスタミナが存分に生きた。
「2週間前から内田くん(博騎手)が栗東に来てくれて、コミュニケーションを図っていた。『思い切って競馬をしたらいい』って伝えただけ。ストレスのない返し馬ができたよ。いつもひやひやさせられるけど、それもあの仔のいいところ。それほど隊列は長くならず、ちょうどいいかなと見ていたよ。中山向きの乗り方だった。でも、直線はつい叫んでしまったなぁ」
 強靭な肉体を誇る一方、頑固に自己主張しがちなだけに、以降は不完全燃焼に終わることも多かったが、4歳時は阪神大賞典、宝塚記念に優勝。5歳になって、前年と同じ2つのタイトルを積み重ね、凱旋門賞(14着)にもチャレンジした。
 ラストシーズンは阪神大賞典に続き、鬼門だった天皇賞・春も勝ち切る。有馬記念(8着)を走り終え、惜しまれつつターフを去った。
 ビッグレッドファームでスタッドイン。人気は上々である。きっと破格のパワーを受け継いだ産駒が登場するに違いない。
 


第57回 有馬記念(GI)
1着ゴールドシップ  牡3 55 内田博幸  須貝尚介
2着オーシャンブルー 牡4 57 Cルメール 池江泰寿
3着ルーラーシップ  牡5 57 Cウィリア 角居勝彦

 単勝  270円
 枠連 3,350円
 馬連 3,730円
 馬単 5,200円

3連複  4,020円
3連単  24,250円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP