平日コンテンツ

『まばゆいオーラに包まれた天賦の切れ』


【2007年 シンザン記念】

ウオッカ(ジャパンC、ダービーなどG1を6勝)とダイワスカーレット(有馬記念、桜花賞などG1を4勝)の2強が世代を牽引した2004年生まれにあって、歴史的な名牝のどちらにも先着を果たした唯一の牡馬がアドマイヤオーラだった。度重なる故障に泣きながらも、良血ならではのオーラを放った天才肌である。
 内国産として51年ぶりとなるリーディングサイアーを獲得し、一時代を築いたアグネスタキオンの産駒。母ビワハイジ(その父カーリアン、重賞を3勝)は、阪神3歳牝馬S(当時)でG1を制覇し、JRA賞最優秀2歳牝馬に輝いた。日本を代表する繁殖であり、同馬の半兄にアドマイヤジャパン(京成杯、菊花賞2着)、妹弟にもブエナビスタ(牝馬クラシック2冠、天皇賞・秋、ジャパンCなどG1を6勝)、トーセンレーヴ(エプソムC)、ジョワドヴィーヴル(阪神ジュベナイルF)らがいる。
 この母系らしく柔軟性には欠くものの、強靭な筋力の持ち主。厳しさを増すトレーニングも難なく乗り越え、2歳11月の京都、芝1600mで新馬勝ちを飾る。中京2歳S(半馬身差の2着)で待ち構えていたのが、同じ父を持つダイワスカーレットだった。早め先頭から押し切ったライバルの強さが光った一戦ながら、中団のインで我慢が利き、繰り出した上りは勝ち馬をコンマ2秒凌ぐ33秒5。3着以下は5馬身も離された。確かな素質を示すとともに、次のステップにつながる価値ある一戦となる。
3歳の緒戦に選ばれたのがシンザン記念。ここでもダイワスカーレットに1番人気(単勝1・9倍)を譲り、単勝4・4倍の3番人気での登場だった。スローな流れのなか、3番手の絶好位で進出の機会をうかがっていたダイワスカーレットは、直線で悠々と先頭へ。その背後で息を潜めていたアドマイヤオーラが外から襲いかかる。本命馬も次位タイの上りで伸びたのにもかかわらず、勝敗はあっさり決着。1馬身半の差を付けてゴールに飛び込んだ。レースのラスト3ハロンを1秒6も凌ぐ、33秒3の圧倒的な決め脚を繰り出したのである。
 初めて手綱を取った岩田康誠騎手は、こう声を弾ませた。
「前にいる相手を見ながら、スムーズに運べたね。折り合いもぴたり。勝負どころでは気合いを入れる必要があったけど、エンジンがかかったら切れに切れた。末恐ろしい馬だよ」
 続く弥生賞も連勝し、1番人気を背負って皐月賞に駒を進める。だが、位置取りが響き、4着に敗退(勝ち馬はヴィクトリー)。ダービーでも懸命に脚を伸ばしたが、ウオッカの3着に終わる。レース後、左後肢の骨折が判明し、6か月半の沈黙を守った。
 鳴尾記念(3着)、京都金杯(2着)と歩んで調子を上げ、京都記念ではウオッカ(6着)らを撃破。久々に持ち前の瞬発力を発揮した。ところが、ドバイデューティーフリー(9着)への遠征後は勢いが衰えてしまう。宝塚記念(14着)で右ヒザを骨折。馬場入場後に歩様が乱れ、5歳時の京都記念は競走除外となった。1年3か月の休養を経ても輝きを取り戻せず、新潟記念(17着)を最後に種牡馬入りすることとなった。
 肩甲骨を骨折するアクシデントに見舞われ、突然、この世を去ったアドマイヤオーラ。決して繁殖に恵まれたわけではないが、クロスクリーガー(兵庫CS、レパードS)、ノボバカラ(かきつばた記念、プロキオンスS、カペラS)など、残された産駒たちも活躍しているだけに、早逝が残念でならない。
 


第41回 シンザン記念(GⅢ)
1着アドマイヤオーラ  牡3 56 岩田康誠 松田博資
2着ダイワスカーレット 牝3 54 安藤勝己 松田国英
3着ローレルゲレイロ  牡3 57 本田優  昆 貢

 単勝 440円
 枠連 370円
 馬連 380円
 馬単 920円

3連複  210円
3連単 1,590円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP