平日コンテンツ

謹賀新年 今年も素晴らしいレースが数多く見られますよう


2018年の競馬が始まりました。
今年も人馬とも無事に、1つでも多くの素晴らしいレースが見られるよう願っています。

3日間開催の初日である先週土曜日は年明け最初の重賞レース、中山金杯が行われました。
今年も骨っぽいメンバーが多く出走し本命をどの馬にするか悩んだ末、最終的にはセダブリランテスに落ち着きました。

デビューから3連勝でG3ラジオNIKKEI賞を勝ち、秋初戦のG2アルゼンチン共和国杯は3着に好走、まだ4戦しかしていないにも関わらず素質の高さは周知の事実。底知れぬ力を秘める馬が4歳の今年はどんなレースをしてくれるのか期待していました。

レースではうまくスタートを決めると、鞍上の戸崎騎手が好位を取りにいく積極的な騎乗をし、流れも緩かったためこの馬にとっては絶好の展開となりました。
直線で追い出すと力強く伸び、ゴール前で先に抜け出していたウインブライトをクビ差とらえて優勝。1~4着まで着差が全てクビ差と結果だけ見るとギリギリのようですが、実際は見ていて安心できるレースぶりでした。そのくらい内容が良かったということ。横綱相撲といえる勝ち方でした。

戸崎騎手は土曜日の金杯に始まり日曜日のフェアリーS、月曜日シンザン記念となんと3日連続の重賞勝利をあげる快進撃。幸先のよいスタートとなりました。


2着はウインブライト。
勝ち馬を標的とし、好位のインで脚をためつつスムーズなレース運びができました。
手綱をとる松岡騎手にしてみれば、眼前に1番人気馬がいることでとても乗りやすいレースだったのではないでしょうか。やることは簡単、ペースや位置取りに苦労せずに済む分、馬の動きと手応えだけに神経を集中していれば良いのです。

ただ、勝負どころと読んだ4コーナーで多少窮屈になったインから抜け出し、早め先頭で押しきる格好になった、あの場面。もしもあのままインで我慢して、直線を向いてから進路を探して追い出していたとしたら2着は無かったはずです。松岡騎手の好判断。

10番人気ながら3着に好走したストレンジクォーク。
柴山騎手は中団でしっかり脚をためて直線に備える乗り方をし、馬の力を引き出しました。

人気がそれほどなかったのも好都合、厳しいマークが無く鞍上としてはラクな気持ちで乗れるため、馬上で余計な動きをしなくて済みます。人気を背負うとどうしても早めに抜け出したくて動いたり、前が壁にならないよう外を回していく安全策をとるなどして、なし崩しに脚を使ってしまうことがあります。
今回はそれがなく、直線では十分にためた脚が最大限に使えました。もともと実力はある馬なので次走以降も楽しみです。



Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP