平日コンテンツ

『雄大でパワフルな芸術品』


【2012年 アメリカジョッキークラブカップ】

数々のスターホースを手がけた角居勝彦調教師も、ルーラーシップの類まれな個性をこう表現する。
「生まれ落ちた瞬間から大きな期待を託された逸材です。まるで芸術品のよう。雄大でパワフルなのに、筋肉のしなやかさも兼備している。あんなダイナミックにストライドを伸ばせる馬なんて、滅多にいません」
 母はオークス、天皇賞・秋などを制した名牝、エアグルーヴ(その父トニービン)。繁殖成績も超一流であり、同馬の姉兄にはアドマイヤグルーヴ(エリザベス女王杯2回、ドゥラメンテの母)やフォゲッタブル(ステイヤーズS)らがいる。配された父は、わずか3世代だけでリーディングサイアーに輝いたキングカメハメハである。サンデーサラブレッドクラブの募集総額は1億8000万円と規格外の設定だった。
 ノーザンファーム早来で乗り込まれていた当時より、一貫して高い評価を受けていた。入念に態勢が整えられたうえ、2歳11月に栗東へ移動する。
「手元にやってきてからは、鍛えるというよりも、気持ちのコントロールに主眼を置いた調整でデビュー(12月阪神、芝2000mを3馬身半差の快勝)させました。うちには半姉のポルトフィーノ(父クロフネ、3勝)もいましたが、かなりの能力を秘めていても、燃えすぎる気性が課題。怒らせないよう、こわごわと時計を出した段階だったのに、予想以上の強さを見せてくれた。まずは第一関門を突破し、ほっとしたというのが正直な感想でしたね」
 続く若駒Sは行きたがり、直線も窮屈なシーンがあっての2着。左後脚のフレグモーネや軽い熱発を乗り越え、アルメリア賞で2勝目をマークする。毎日杯(5着)では出遅れ、人気を裏切ってしまったものの、影をも踏ませぬ快走でプリンシパルSを突破。早めにハミを噛む若さをのぞかせながら、ダービーでも5着に健闘した。
 品のある薄い皮膚の持ち主なのだが、こうしたタイプは蹄壁が減りやすいことが多い。当時も弱点に配慮した調整過程を踏み、素質だけで走っている状況だった。成長を促すべく、北海道で休養に入ると、しばらくはウォーキングマシンとトレッドミルでの運動のみに止め、爪が伸びるのを待つ。慎重にペースアップされ、11月に帰厩した。
 半年ぶりとなった鳴尾記念では、4番手で折り合いが付いた。直線に向くと悠然と加速。待望の初重賞制覇を成し遂げた。
「太く映らないのに、12キロ増の体重。芯が入ってきたんです。母譲りの厚いトモがさらにふくらんで、立派なスタイルとなりました。レース間隔が開いても上手に競馬ができ、気性面の成長も実感させられましたよ」
 出遅れが響き、有馬記念は6着に終わったとはいえ、4歳シーズンの飛躍を予感させる内容だった。日経新春杯での強さも忘れられない。2馬身差の完勝だった。
 ドバイシーマクラシック(6着)では折り合いを欠いて結果を残せなかったが、金鯱賞を貫録勝ち。宝塚記念(5着)、有馬記念(4着)と、G1戦線でも健闘する。
 アメリカJCCでは単勝1・4倍の断然人気に応え、格の違いを見せ付けた。生憎の不良馬場となっても、余裕たっぷりに後方を追走する。3コーナーから進出を開始し、直線は大外へ。次位をコンマ8秒も凌ぐ圧巻の末脚(3ハロン35秒6)が爆発した。あっという間に3馬身の差を広げ、悠々とゴールを駆け抜けている。
 金鯱賞以来、久々に跨った福永祐一騎手も、非凡な性能に信頼を寄せていた。
「乗り味からして抜けていて、底知れないスケールが伝わってくる馬。ゲートで落ち着きがなかったとはいえ、ある程度の位置に付けられ、折り合いに専念できた。道悪だったので、エンジンがかかるのに時間がかかったけど、いい目標になったナカヤマナイト(2着)を交わしにいったときも手応えは楽だったよ。スムーズなら、すぐにG1を獲れる器。これを機に、さらにステップアップしてくれたら」
 日経賞(3着)は、ネコパンチの大逃げに翻弄されたが、香港のクイーンエリザベス2世カップを鮮やかに勝利。晴れて国際G1の勲章を手にした。宝塚記念もオルフェーヴルの2着。競走生活の後半はスタート難に悩まされることとなるのだが、天皇賞・秋(3着)、ジャパンC(3着)、有馬記念(3着)とも豪快に追い込み、ポテンシャルの高さを再認識させた。
 ファーストクロップのキセキが菊花賞を制し、種牡馬としても評価を上げつつあるところ。リリーノーブル(阪神JF2着)をはじめ、現3歳も粒ぞろいである。ルーラーシップ(支配者の位)を継承する大物が続々と登場するに違いない。
 


第53回 アメリカジョッキークラブカップ(GⅡ)
1着ルーラーシップ 牡5 57 福永祐一 角居勝彦
2着ナカヤマナイト 牡4 55 柴田善臣 二ノ宮敬宇
3着ゲシュタルト  牡5 56 蛯名正義 長浜博之

 単勝 140円
 枠連 290円
 馬連 300円
 馬単 390円

3連複  560円
3連単 1,270円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP