平日コンテンツ

『突然に拓けたヴィクトリーロード』


【2009年 シルクロードステークス】

 長年に渡り、スピードタイプを量産したスウェプトオーヴァーボード。重賞を3勝したパドトロワに続き、レッドファルクスがスプリンターズSの連覇を成し遂げているが、父に初のタイトルをプレゼントしたのがアーバンストリートだった。
 母タイキクリスティー(その父シアトリカル)は未勝利だが、その姉兄にクロフネミステリー(6勝)、タイキパイソン(7勝)ら。半弟にもタイキエニグマ(7勝、根岸S2着)がいる活力にあふれるファミリーである。
 2歳8月の小倉(芝1200m)を鮮やかに逃げ切り、新馬勝ちを収めたアーバンストリート。しかし、小倉2歳S(12着)以降は長期の不振に陥って9連敗を喫し、早熟タイプとの評価が定着してしまう。
 ところが、4歳の3月の中京(芝1200m)では別馬のような差し脚を繰り出し、久々の勝利。勢いに乗って、三河特別、淀屋橋Sと、一気の3連勝を決める。いずれもメンバー中で最速の上がりを駆使する文句なしの内容だった。
 急激に変貌を遂げた理由を野村彰彦調教師に訊くと、こんな答えが返ってきた。
「3歳の春先から秋まで休養させ、ぐっと調子が上向いた。にわかには信じられない話だが、『首筋にとげが刺さっていて、それが取れました』って、放牧先から報告があったんだよ。どうやら若駒のころ、何かの弾みで牧柵の木片が皮膚の下に入り込み、ずっとそのままになっていたようなんだ。それだけがきっかけとも思えないけど、微妙な違和感があったのかもしれない」
 そんなことがあるのかと、にわかには信じられなかったのだが、馬づくりのベテランはいたって真面目な表情。かつては走りのバランスが悪かったのか、背中に疲れがたまりやすかったのに、それもすっかり解消してしまったとのこと。
 同馬が躍進したのは、植平敏次調教助手の熱心な取り組みによるところも大きい。田原成貴厩舎に所属した時代には弥生賞を制したフサイチゼノンも手がけた腕利きではあっても、キャリア7年目にして3連勝は初体験だった。当時、野村厩舎の一員となったばかりであり、植平さんが持ち乗りで担当するようになった直後に快進撃は始まったのだ。
「自分で追い切りまで乗って、初めて結果が出たのがこの馬。任せてくれた野村先生には感謝していますし、やりがいも感じていましたよ。速いところで沈む感触は、さすがにオープン級。ただし、ハミを噛むと右にもたれるくせがあるので、左回りのほうがスムーズなんです。阪神の準オープンを勝ったときは、驚きましたね」
 植平さんの進言で、同馬は坂路中心のメニューに切り替えたのだが、それは右にラチを置き、口向きを改善させたかったから。その効果は歴然だった。
 その後の3戦は末脚が不発に終わったものの、夏場のリフレッシュにより、一段と心身が充実。復帰4戦目の納屋橋Sを順当に勝ち上がる。続く尾張Sは3着だったとはいえ、最後方の位置取りから直線だけで豪快に追い込み、2度目となるピークの到来を予感させた。
 シルクロードSは、2歳時以来となる重賞の舞台。さすがに相手は揃い、7番人気に甘んじる。それでも、初めて手綱を取る福永祐一騎手も、同馬の持ち味はしっかり把握していた。そろっとゲートを出し、前半は他馬と接近しすぎないよう、馬群の切れ目で折り合いを付けた。進出したい4コーナーでは外に振られる馬がいて、ぽっかり前が開く。そのスペースを見逃さずにゴーサインを送ると、まっすぐに栄光のゴールへ邁進。あっという間に10頭以上を交わし去ってしまった。ラスト3ハロン(33秒9)は、レースの上りを1秒0も凌ぐ鋭さだった。
 殊勲のジョッキーは、こう声を弾ませた。
「うまく脚をためられた。ロスなく運べたしね。それにしても切れたよ。これならG1でも楽しみがある」
 だが、高松宮記念はスタートで躓き、8着止まり。これで緊張の糸が切れたのか、噛み合わない走りを繰り返すこととなる。翌秋の京洛Sで最後の優勝。地方に転入し、8歳まで現役を続けながら、2つ目のタイトル奪取は果たせなかった。
 苦難を重ねたぶんも、シルクロードSのパフォーマンスはあまりにも鮮烈だった。いまでも淀のターフには、アーバンストリートの蹄跡がくっきりと刻まれている。
 


第14回 シルクロードステークス(GⅢ)
1着アーバンストリート 牡5 54 福永祐一 野村彰彦
2着ソルジャーズソング 牡7 54 岩田康誠 鮫島一歩
3着モルトグランデ   牡5 54 藤田伸二 久保田貴士

 単勝  1,250円
 枠連  3,800円
 馬連  5,200円
 馬単 11,110円

3連複  14,690円
3連単  91,040円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP