平日コンテンツ

『時を超えて栄えるフェニッスクの血脈』


【2007年 東京新聞杯】

晩生の血が騒ぎ出し、先日の愛知杯を2着まで猛追したレイホーロマンス。その半兄にスズカデヴィアス(現4勝、重賞での2着が2回)もいて、橋田満調教師が大切に育ててきたファミリーだ。
「両馬の母にあたるスズカローラン(その父サンデーサイレンス)も、4勝を挙げてくれました。祖母ローマンスズカⅡは、アメリカで繁殖生活をスタートさせたローズオブスズカ(ドクターデヴィアスやシンコウキングの妹)に、3冠馬のシアトルスルーをつけて誕生。代々、トップクラスの種牡馬が配されているだけに、価値ある母系ですよ。世代を経ても、夢を見させてくれます」
 ローズオブスズカ(その父フェアリーキング)の最高傑作といえば、スズカフェニック。父サンデーサイレンスの遺伝子も受け継ぎ、その末脚は強烈だった。
 2歳の10月、京都のダート1400mでデビューしたスズカフェニックス。1・3倍の断然人気に反し、9着に敗れてしまう。ただし、スタート後に不利を受け、スピードに乗らなかったのが敗因だった。ソエに配慮して3か月半の休養を挟み、3戦目の京都(ダート1200m)を順当に勝ち上がる。
 その後は一貫して芝のレースを使われていくのだが、体が完成されるのには時間がかかった。5か月のブランクを経て2戦を消化したところで、また9か月間も実戦から遠ざかる。4歳の10月、12戦目となる大原Sを差し切り、ようやくオープンまで上り詰めた。富士Sも最後方から豪快に追い込み、3着を確保。京都金杯は5着に終わったとはいえ、ラストの伸びは光り、その後の飛躍を予感させるのに十分な内容だった。
 初めてタイトルを手にしたのが東京新聞杯。堂々の1番人気に推されても、武豊騎手は同馬らしい戦法を貫いた。1000m通過が58秒3と、先行勢には息が入らない展開となるなか、後方をスムーズに追走。楽な手応えで直線を向くと、大外から一気のスパートをかける。抜け出すときの鋭さは目を見張るものがあった。レースのラスト3ハロンを1秒1も上回る33秒3の決め手が炸裂。ゴール前はインを縫ってエアシェイディが半馬身差まで迫ってきたが、すでに勝負は決していた。
 会心の勝利に、ジョッキーも満面の笑みを浮かべた。
「もともと素質を買っていた馬が、やっと本格化してくれた。レース前も落ち着きがあり、すごくいい雰囲気。中身もしっかりし、安定感が出てきたね。こんなレースができれば、もっと大きな舞台でもやれる」
 続く阪急杯は同着+ハナ差の3着だったものの、鮮やかな差し脚を披露。スプリント戦への適性を示した。そして、高松宮記念では2馬身半差の完勝。あっさりとG1ホースの仲間入りを果たした。前が止まらない流れとなった安田記念(5着)でも、最速タイの上がり(34秒3)を駆使している。
 秋シーズンは復調に手間取ったが、マイルCSを3着した後、阪神Cに優勝。以降も重賞戦線で上位を賑わした。6歳時のマイルCS(8着)がラストラン。スタートで躓く致命的な不利がなければ、もっと差は詰まったに違いない。同レースを含め、掲示板を外したのは全29戦中4走のみ。イメージ以上に堅実であり、相手や条件を問わずに力を発揮した。
 初年度産駒よりマイネルホウオウ(NHKマイルC)を送り出しながら、すでに種牡馬を引退。サイアーラインの発展は望めないものの、血のロマンは未来へと継続中である。一族の系譜をつなぐ新たなスターの登場を待ちたい。

 


第57回 東京新聞杯(GⅢ)
1着スズカフェニックス 牡5 56 武 豊   橋田満
2着エアシェイディ   牡6 57 安藤勝己  伊藤正徳
3着イースター     牡4 55 Cルメール 瀬戸口勉

 単勝 280円
 枠連 390円
 馬連 400円
 馬単 800円

3連複  1,720円
3連単  6,690円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP