平日コンテンツ

『新たな世界へと誘うファンタスティックな出会い』


【2003年 きさらぎ賞】

 2歳11月に京都(芝1400m)で新馬勝ちを収めたネオユニヴァース。中京2歳Sはもたれる若さを見せ、3着に敗れたものの、白梅賞を順当に差し切り。きさらぎ賞へと駒を進めた。
 各馬とも重馬場を意識して脚をため、中盤にスローダウンする流れのなか、好位を手応え良く追走する。4コーナーで外に振られながらも、長く伸びが持続。後続の追撃を完封した。
 手綱を取った福永祐一騎手も、底知れない可能性を感じ取っていた。
「これから成長する段階だけれど、直前の追い切りに跨り、重賞でもやれると自信を深めたね。ある程度前でも折り合え、センスがいい。ラストまで余力があったよ」
 日本競馬を一変させたサンデーサイレンスが父。この世代は特に豊作で、同期にスティルインラブ(牝馬3冠)、アドマイヤグルーヴ(エリザベス女王杯2回)、ゼンノロブロイ(天皇賞・秋、ジャパンC、有馬記念)などのトップホースが居並ぶ。母はイギリス産のポインテッドパス(その父クリス)。同馬の半姉に仏G3・カルヴァドス賞に勝ったフェアリーパスがいる。
 抜群の末脚を駆使し、スプリングSも完勝するのだが、ここで初コンビを組んだのがミルコ・デムーロ騎手だった。ジョッキーにとっても、その後の人生を左右する貴重な一戦となる。皐月賞はアタマ差の辛勝だったものの、窮屈なポジションからの逆転劇。直線での爆発力は、他を圧倒するものがあった。
 ダービーでも抜群の勝負根性を発揮。距離延長、道悪、左回りといった不安材料も跳ね除け、メンバー中で最速タイとなる上がり(3ハロン35秒3)をマークする。堂々たる2冠達成だった。
 デムーロ騎手は、こう感慨深げに振り返る。
「どの国でも、ダービーは重みが違う。イタリアやスペインでも勝った経験があるけど、ネオユニヴァースとともに競馬史に名を残せ、いまだに信じられないよ。日本との距離がぐっと縮まったし、もっと上を目指してがんばりたいと意欲がわき起こってきた」
 古馬の壁に阻まれ、宝塚記念は4着。秋シーズンも神戸新聞杯(3着)、菊花賞(3着)、ジャパンC(4着)とひと息の成績に終わったが、翌春の大阪杯では格の違いを見せ付ける。59キロを背負いながら、きっちり差し切りが決まった。
 さらに上積みが見込めた天皇賞・春だったが、イングランディーレの大逃げがはまった特殊な展開。接触してバランスを崩すシーンもあり、10着に沈む。結局、これがラストラン。宝塚記念を目指す過程で右前に屈腱炎を発症し、種牡馬入りが決まった。
「ネオユニヴァースのハートはすばらしい。それが子供たちにも伝わっている。特に、ヴィクトワールピサがファンタスティックホース。あの馬で有馬記念やドバイワールドCを制したときの感激といったら。巡り会いに感謝するしかない」(M・デムーロ騎手)。
 数多いサンデーサイレンスの後継にあって、大舞台での強さは断然。ファーストクロップよりアンライバルド(皐月賞)、ロジユニヴァース(ダービー)が登場したのに続き、ヴィクトワールピサ、ネオリアリズム(クイーンエリザベス2世C)が世界へもその名を轟かせた。まだまだデムーロ騎手を魅了する逸材が登場するに違いない。
 


第43回 きさらぎ賞(GⅢ)
1着ネオユニヴァース  牡3 56 福永祐一  瀬戸口勉
2着サイレントディール 牡3 57 武 豊   池江泰郎
3着マッキーマックス  牡3 56 Cルメール 藤原英昭

 単勝  800円
 枠連 1,060円
 馬連 1,060円
 馬単 2,650円
3連複  690円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP