平日コンテンツ

『一気に花開いたスターの遺伝子』


【2002年 中山記念】

 現役時代は絶大な人気を誇ったトウカイテイオー。スタリオン入りしてから期待に応えたとはいえず、後継を残せなかったが、ファーストクロップよりG1ホースを輩出している。マイルCSを勝ったトウカイポイントのことだ。しかし、戴冠までの道程は長く、険しいものだった。
 2歳の5月、地方・盛岡でデビューし、4戦目に初勝利を上げたトウカイポイント。若駒当時は華奢で見栄えがしなかったものの、JRA主催のひいらぎ賞へ挑むと、単勝82・7倍の低評価を覆して4着まで追い込む。このパフォーマンスが評価され、美浦の後藤由之厩舎に移籍した。
 上位を賑わしながらも勝ち切れず、ようやく勝ち上がったのは転入6戦目の東京(芝1600m)だった。以降は長距離戦での先行策が実を結び、4歳4月に格上挑戦した湾岸Sを勝利する。札幌日経オープンでも2着に逃げ粘るなど、確かな実力を示した。
 ただし、最大の課題は折り合い面。条件クラスでも結果が残せず、5歳時の湾岸S(11着)を走り終えたところで去勢手術が施される。
 効果は絶大だった。休養後は控えても脚がためられるようになり、中距離での差し馬に変身。HTB賞、オクトーバーSと一気に連勝する。カブトヤマ記念でも2着に食い込んだ。気難しさが緩和され、ぐっと調整がしやすくなったことで、6歳になっても中身はどんどん充実。ついに中山記念では初のタイトルをつかむ。
 栄光へと導いた岡部幸雄騎手は、こう健闘を称えた。
「相手が揃っていたし、楽な競馬にはなるまいと思っていたが、きょうはスムーズに走れた。これまでと違い、リズムの取り方が良かったよ。レコードタイムの決着に対応。よく伸び、ラストで外から迫られても我慢が利いた。まだ良化の余地を残している。今後も楽しみだね」
 宝塚記念(10着)、函館記念(14着)と足踏みし、ピークは越えたかと思わせたものの、札幌記念では大外一気の脚を繰り出して2着に反撃。マイルでも決め手を生かせると見た陣営は、次走に富士Sを選択する。直線で不利を受けて5着だったとはいえ、忙しい流れにも難なく対応。マイルCSへのチャレンジが決定した。
 淀みのないペースで流れるなか、中団の馬込みで脚をためた。コースロスなく直線へ。外へ持ち出してゴーサインを送る。早めに追い出したぶん、最後は5頭が横一線の大接戦となったが、後方から迫るエイシンプレストンらを気迫で競り落とし、栄光のゴールに飛び込んだ。
「前走だって、まともなら突き抜けていた。鬱憤が晴らせたね」
 と、蛯名正義騎手は胸を張った。
 香港マイルへも駒を進め、コンマ1秒差の3着。ようやく晩成の遺伝子が騒ぎ出した。だが、7歳緒戦の中山記念で、右前脚の浅屈腱を不全断裂。引退することとなった。
 母マッチポイント(その父リアルシャダイ)は、13戦して未勝利。ただし、その全妹にインテレット(アメリカジョッキーCC2着、毎日杯2着)やトランスワープ(函館記念、新潟記念)の母となったボンヌシャンスがいる。近親にダイナカール(オークス)らが名を連ねる豪華な一族だ。同馬の半弟パープルエビス(スプリングS2着、アーリントンC2着)もオープンで活躍した。
 いまとなれば、セン馬ゆえに種牡馬となれなかったのが惜しまれるが、イメージ以上に従順であり、父譲りのスター性も兼備。引退後はノーザンホースパークの乗馬に転身し、馬術競技会で優秀な成績を収めた。誰からも愛され、幸せな余生を送っている。
 


第76回 中山記念(GⅡ)
1着トウカイポイント  せ6 57 岡部幸雄 後藤由之
2着トラストファイヤー 牡4 56 江田照男 河野通文
3着ラスカルスズカ   牡6 57 田中勝春 橋田満

 単勝 1,740円
 枠連 1,520円
 馬連 8,440円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP