平日コンテンツ

フェブラリーS 異例も異例のハイペースが分けた明暗


年が明けたと思ったら、あっという間に2月の半ばが過ぎ。少し前まで真っ暗だった早朝の調教も東の空が明るくなるのが早まり、春が近づくのを感じています。


先週は東京競馬場で今年最初のG1レース、フェブラリーSが行われました。

優勝は4番人気ノンコノユメ
2年2か月ぶりの勝利をあげた前走G3根岸Sに続く重賞連勝、3歳時のジャパンダートダービー以来2つ目のG1制覇となりました。

末脚を武器とする馬なので、今回はまさに展開ドンピシャリ。ハマりましたね。
前を行った馬たちは総崩れとなり中団~後方に待機しレースを進めた馬が上位に来ました。

根岸Sが馬場状態やペースが理想的で上手くハマった形の勝利で、その時も、やはり馬に底力があるからこそできるパフォーマンスであり、鞍上も初騎乗とはいえこれほどの馬であれば事前にどんなタイプか、どんな特徴をもっているかなど知っているので騎乗に不安はなかったはずと記しましたが、今回も内田騎手が前走に引き続き、落ち着いた手綱さばきでこの馬の特長である末脚を存分に生かすレースをしてくれました。

最近の調子が良い。勿論そうなのでしょうが、もともと高い能力をもった馬が自分の得意な形で、しっかりと力を出し切るレースができているという感じですね。


2着に1番人気ゴールドドリーム
連覇をかけて臨んだレース、この馬にとっても良い流れで進みましたが最後にクビ差かわされてしまったのは仕掛けが少し早めだったからでしょう。

前走、中京競馬場で行われたG1チャンピオンズカップでは鬼脚をくり出し鮮やかに差し切り勝ち。しかし今回は直線の長い府中コース、抜け出してからゴールまで距離があり過ぎました。鞍上ムーア騎手が動き出して前との差を詰め始めたのが3~4コーナー中間あたりですが、結果的には直線に向いてから仕掛けた方が良かったかもしれません。

ただG1レースで1番人気馬に騎乗する場合、あの仕掛けのタイミングになるのは仕方がないとも思います。おそらくほとんどの騎手が同じく、早めに抜け出して押し切るレースを選びます。人気馬に乗るというのは周りの想像以上にプレッシャーがかかり、思い切った騎乗をしにくくなります。それでも2着なのだから、やはりこの馬も相当なものですね。


最後に、人気を分け合ったテイエムジンソクについても。

スタート後はいつも通りの前々勝負、これがこの馬の持ち味であり、好位から抜け出すレースをするのが基本なのですが、今回は折り合いがつかず鞍上の古川騎手がずいぶんと苦労していたように映りました。

東京競馬初参戦、当然コーナーが2つの府中1600mダートコースは初めてということで、そのあたりで馬が戸惑ったのでしょうか。これまでのレースならコーナーが4つあり向正面あたりまでには落ち着いていたと思われますが、府中ではスタートしてから長い向正面ストレートが続くため、馬がどこで息を入れたらよいのか、そのあたりのリズム、タイミングなどが上手くいかなかったようです。

そしてペース。
前半800mが45.8秒、超がつくほどのハイペースとなった今回のフェブラリーS。
この流れで外側3番手につけてムキになって走っていては後半まで体力的にも精神的にももちません。直線に入るとすでに余力はなくズルズル下がり結果12着に大敗してしまいました。自分らしさを生かすレースができず残念です。

ただ、決して“弱いから負けた”ワケではなく、噛み合わない要素が少しでもあると、大きく結果が変わってしまうのがGI。大事なのはこの一戦で見限らず、次走にしっかり注目しておくことです。



Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP