平日コンテンツ

『中京で開花した優美な才能』


【2007年金鯱賞】

 橋口弘次郎厩舎ゆかりの血といえば、なんといっても「薔薇一族」。偉大な繁殖であるローザネイの子供や孫、ひ孫たちは、これまでに重賞を19勝もしているが、すべて同ステーブルでマークしたものだ。
 真っ先にタイトルホルダーとなったロゼカラー(デイリー杯3歳S、その父シャーリーハイツ)は豪華に枝葉を広げ、ローズバド(フィリーズレビュー、マーメイドS、G1での2着が3回、ジャパンCなどに勝ったローズキングダムの母)を送り出したが、その全弟にあたるローゼンクロイツ(その父サンデーサイレンス)も破格のポテンシャルを垣間見せた逸材だった。
 総額6000万円でサンデーサラブレッドクラブの募集馬となった時点では、体質の弱さも目立っていたローゼンクロイツ。ノーザンファーム早来での乗り込みが進むと、めきめき頭角を現してきた。
 2歳9月、栗東へ入厩。スムーズに態勢が整い、翌月の京都、芝1600(クビ差の2着)でデビュー。続く芝2000mの未勝利を楽々と抜け出し、3馬身半差の圧勝を収めた。京都2歳Sでは早くもオープン勝ち。ラジオたんぱ杯2歳Sも2着し、翌春に夢をつなげた。
 3歳緒戦の毎日杯で初のタイトルを奪取。だが、クラシックで待ち構えていたのは稀代のスーパーホース、ディープインパクトだった。皐月賞は後方から差を詰めながら4着。ダービーも8着に終わる。神戸新聞杯(3着)を使って調子を上げ、菊花賞では3着に食い込んだ。
 しっかり英気を養い、中京記念へ。大外を早めに進出し、クビ差の2着に踏み止まった。大阪杯は5着。道悪に伸びが削がれたのが敗因だった。天皇賞・春では抑えが利かずに8着。それでも、金鯱賞で2着に追い込み、底力を示した。
 折り合いの難しさに泣いた4歳秋。京都大賞典(4着)、天皇賞・秋(13着)の2戦目だけに止め、放牧を挟んだ。このころになると、左前肢の球節付近に軽い炎症が見られるようになり、患部に配慮しながらの調整を強いられる。
久々となった京都記念ではしぎりにもたれ、13着に沈んだが、次に照準を定めたのは好相性を示していたコースで行われる中京記念。鬱憤を晴らす秀逸なパフォーマンスを演じた。豪快に突き抜け、2着に2馬身差。走破タイムは、1分56秒9のレコードだった。
 3か月間のリフレッシュを経て、金鯱賞に照準を定める。前走より早めに動き、直線半ばで先頭に躍り出た。じっくり脚をためていたスウィフトカレントが鋭く強襲。しかし、最後まで手応えに余裕があり、クビ差だけ退けて栄光のゴールを駆け抜けた。
 2度目の騎乗ながら、みごとに重賞の連勝を果たした藤岡佑介騎手は、こう晴れやかな笑みを浮かべた。
「状態の良さに自信を持っていましたし、パンパンの良なら力が違います。自ら勝ちにいきました。抜け出して遊んでいましたが、『交わせるものなら、交わしてみろ』というくらいの気持ちで追ったんです。迫られて、また伸びましたからね。見た目以上に強い競馬でした」
 夢はふくらむ一方だったが、脚元の状況はなかなか改善されず、天皇賞・秋(11着)へ直行。ジャパンC(15着)も、後方のままで終わってしまう。
 6歳時も中京記念を狙ったものの、行きたがって7着に敗退した。金鯱賞では無念の競走中止。左前脚の指関節脱臼に加え、球節を粉砕骨折する重傷だった。残念ながら、安楽死の処置が施された。
 思う存分、才能を発揮した思い出の中京で、あっけなく散ってしまったローゼンクロイツ。次々に咲いた薔薇のなかでも、鮮明な美しさを誇った大輪だった。
 


第43回 金鯱賞(GⅡ)
1着ローゼンクロイツ  牡5 57 藤岡佑介 橋口弘次郎
2着スウィフトカレント 牡6 57 武 豊  森秀行
3着インティライミ   牡5 57 佐藤哲三 佐々木晶三

 単勝  330円
 枠連  480円
 馬連  620円
 馬単 1,240円

3連複  2,260円
3連単  8,540円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP