平日コンテンツ

『聖剣を抜いた新時代の君主』


【2016年 高松宮記念】

 HBAセレションセール(1歳)にて1050万円で落札されたビッグアーサー。ひと目した瞬間、藤岡健一調教師は胸のときめきを覚えたという。
「滅多に出会えない迫力ある馬体。セリの当時でも、たくましい筋肉に圧倒されましたね。香港や南半球のトップスプリンターみたい。この父らしい豊富なスピードを見込んでいましたよ」
、  長年に渡って日本の短距離界を支えてきたサクラバクシンオーの産駒。母シヤボナ(その父キングマンボ)はイギリスで走って未勝利だが、曽祖母リーロイが米GⅠ・サンタバーバラHや同・サンタアナHの勝ち馬であり、4代母リスカウス(仏オークス、凱旋門賞2着など)に連なる名牝系である。同馬の半兄にあたるブロードスターも3勝を挙げた。
「それでも、大型のうえ、球節に負担がかかりやすい肢勢。吉澤ステーブルでの乗り込みは慎重に進められ、入厩も3歳3月と遅れてしまって。でも、やはり能力は非凡でしたね。軽く仕掛けただけで好タイムをマーク。思いのほか、スムーズに態勢が整いました。心配したのは、ちょっとしたことでも過敏に反応してしまい、精神的に危うさを抱えていた点。まずは無事にと願ってレースに送り出したんです」
 長距離輸送もクリアし、福島の芝1200mで初勝利。好位から楽々と抜け出し、2馬身半の差を付けた。いったんリフレッシュを挟み、伊万里特別を目指したのだが、ここで思わぬアクシデントに見舞われる。馬運車で暴れ、右トモに外傷を負ってしまったのだ。
「それはショックでしたが、ゆっくり休養した間の成長は大きかった。競馬へいっても我慢が利き、折り合いは容易。一気に燃える面もいいほうへつながり、ラストで旺盛な闘争心を発揮してくれる」
 久々の不安をあっさり跳ね除け、八代特別を快勝する。岡崎特別でのパフォーマンスは圧巻だった。勝ちタイム(1分8秒6)は、同日の高松宮記念とコンマ1秒差。ラスト3ハロンで駆使した33秒9の上がりも、GⅠの上位馬をはるかに上回る鋭さである。
「キャリアが浅いのに、初の左回りを克服。流れに応じて動けたのは収穫でしたよ。パワーもあり、渋った馬場だって対応できる。翌年の大舞台へと夢がふくらみました」
淀屋橋Sはクビ差の勝利だったものの、ゴール手前まで追い出しを待つ余裕があった。
水無月Sも順当に突破。北九州記念で2着に敗れ、連勝は5でストップしたとはいえ、重賞制覇にメドを立てる。オパールSに貫録勝ち。京阪杯(2着)、阪神C(3着)、シルクロードS(5着)と足踏みしても、あと一歩、噛み合えばと惜しまれる内容だった。
 大切に育てられてきただけあって、伸びる余地もたっぷり。渾身の仕上げが施され、高松宮記念に挑む。2戦目以来、1番人気を背負い続け、ここでも記録は継続。高速馬場を意識して好位をキープすると、ラスト100mで先頭へ。力強い脚取りで後続を突き放し、栄光のゴールを通過した。ついにアーサーは聖剣を抜き、堂々と王座に君臨したのである。
 初騎乗にしてフルに持ち味を引き出した福永祐一騎手も、こう胸を張る。
「まずはスタートを決めようと集中。ダッシュが良かったし、終始、手応えは楽だった。前も渋太かったけど、最後までしっかり伸びたからね。レコードタイム(1分6秒7)で走り切れたように、性能は超一流。さすがといった乗り味だった」
 秋緒戦のセントウルSも余裕の逃げ切り。だが、スプリンターSは前が壁となり、不完全燃焼の12着に終わった。香港S(10着)以降は調子を取り戻せず、スプリンターズS(6着)を一走したのみで種牡馬入りすることとなる。
 今シーズンより供用を開始。サクラバクシンオーの魅力をストレートに受け継いだ逸材だけに、2世たちもコンスタントに活躍することだろう。
 


第46回 高松宮記念GⅠ
1着ビッグアーサー 牡5 57 福永祐一 藤岡健一
2着ミッキーアイル 牡5 57 松山弘平 音無秀孝
3着アルビアーノ 牝4 55 Cルメール 木村哲也

 単勝  390円
 枠連  680円
 馬連  890円
 馬単 1,730円

3連複  1,740円
3連単  6,690円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP