平日コンテンツ

『伝統の一戦に異彩を放つ破天荒なパフォーマンス』


【2008年 天皇賞・春】

 クロフネ(JCダート、NHKマイルC)、エイシンデピュティ(宝塚記念)、レジネッタ(桜花賞)、サウンドトゥルー(チャンピオンズC、東京大賞典、JBCクラシック)をはじめ、様々なカテゴリーにトップホースを送り出したフレンチデピュティ。なかでも、アドマイヤジュピタは、異彩を放つチャンピオンだった。
 母ジェイズジュエリー(その父リアルシャダイ)は芝のマイルと2200mを勝利。その半姉にプロモーション(クイーンSなど3勝、アドマイヤメインの母)がいる。セレクトセール(当歳)にて4100万円で落札された。
「セリの下見で出会い、父の仔らしい幅がある好馬体が印象に残りました。でも、長距離で出世するなんて、まったく想像できなかった。ダート1400mでデビュー(2歳11月の京都で8着)。あの時点では、ダートの重賞ウイナーを夢見ていたんですよ。父の仔は、内向肢勢が多く、つなぎも立ち気味の傾向にあるのに、この馬はフットワークがとてもしなやか。芝でこそなのは、そんな特徴が生きた結果でしょうね」
 と、管理した友道康夫調教師は思い出を話す。
 3戦目の阪神、芝2000mで初勝利を上げると、オープンでも好走を続け、ゆきやなぎ賞で順当に2勝目をつかんだ。ところが、ここで大きな試練が。右トモの飛節を骨折し、全治1年の診断が下る。通常ならば、現役続行を断念するほどの重症である。社台ホースクリニックにて患部にボルトを埋め込む手術が行なわれ、ノーザンファームのスタッフも懸命に立て直しを図った。
「みごとに復活を遂げ、さらにスケールアップしたのが、あの馬のすごいところ。1年半ぶりの実戦(新潟の芝1800mを勝利)はプラス40キロでしたが、30キロくらいは成長分。待ち望んだレースを勝てて、喜びは格別でしたね。続く美作特別がクビ差の2着に終わったのは、中間に新潟へ輸送しながら、インフルエンザで開催が中止になった影響。ずっとイライラしていて、力を出し切れなかった。その後は精神的にも落ち着きを増し、鳴滝特別を快勝。後続に5馬身もの差を付け、これは底知れないと思わせました」
 そして、初となる重賞のアルゼンチン共和国杯へ。離れた2番手で流れに乗り、満を持してスパート。並み居る強豪を従え、悠々とゴールに飛び込んだ。
「期待以上の強さでした。折り合いが付くし、長く脚を使えるのが特徴。距離はいくら延びても大丈夫だと見ていました。あの時点で、翌春の天皇賞・春を意識していましたよ」
 あえて有馬記念をパス。日経新春杯は期待を裏切った(4着)ものの、余力を残しすぎて明らかに太めだった。阪神大賞典でも、2日続けて坂路で時計を出し、レース前日にも15-15を消化するなど、スムーズな調整過程ではなかった。それでも、結果はまったくの楽勝。理想的なステップを踏め、調教の動きも迫力を増し、いよいよ大目標だった淀の3200mに挑む。
 これまでは好位抜け出しの戦法で前進してきた同馬だったが、痛恨の出遅れ。前半はじっくり脚をため、2周目の3コーナーより外を回して進出を開始した。坂の下りで勢いが付き、直線は早めに先頭。いったん2馬身ほどリードを広げる。そこへ、脚を温存していた2着のメイショウサムソンが急追。しかし、豊富なスタミナは途切れなかった。ラストで再び右手前に替え、もうひと伸び。アタマ差のリードを保ち、堂々と栄冠を手にした。
 いまや実力派の地位を確固たるものにしている友道師にとって、初となるG1のタイトル。レース後、こらえきれずに涙した姿が忘れなれない。
 秋以降も活躍が期待されたが、体調が本物に戻らず、京都大賞典では9着に惨敗。右前に浅屈腱炎を発症していたことが判明し、引退が発表された。スタリオン入り後は受胎率の低さに泣かされ、わずか1シーズンで乗馬に転用となった。
 あっという間に駆け抜けた競走生活。それでも、示したパフォーマンスはあまりに鮮烈であり、同馬ならではの魅力にあふれていた。
 


第137回 天皇賞(春)GⅠ
1着アドマイヤジュピタ 牡5 58 岩田康誠 友道康夫
2着メイショウサムソン 牡5 58 武 豊  高橋成忠
3着アサクサキングス  牡4 58 四位洋文 大久保龍志

 単勝  580円
 枠連  460円
 馬連 2,000円
 馬単 4,430円

3連複  1,880円
3連単  13,500円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP