平日コンテンツ

皐月賞 時に柔軟な選択をすることも大切です


ダノンプレミアム回避のため一気に混戦模様となった第78回皐月賞。

G1朝日杯FSを制し4戦4勝の無敗馬、レースぶりを見ても現時点で他の3歳を凌駕する強さを誇るダノンプレミアムが出走していたら単勝1倍台前半は必至。しかしこの馬が出ないことで単勝10倍以内が5頭という状態になり、最終的には前走の弥生賞でダノンプレミアムの2着にきたワグネリアンと、前走スプリングS1着のステルヴィオが人気を分け合う形になりました。今年は先行馬が多く、加えて前日よりの降雨で馬場状態は稍重となり、厳しいタフなレースになることが予想されました。

その中で、ワグネリアンについては、末脚を武器にしながらも、渋った馬場での実績もあり、前走同様に中団くらいからの競馬をしてくるものと見ていました。

しかし、実際のレースでは中団より後ろの位置取り。前で3頭が競り合ったためラップは速くとも大きく離れた4番手以下は平均ペースで、1・2着になった馬もこの4番・5番手にいました。
福永騎手はワグネリアンが加速するまでに時間がかかる馬であることを以前から語っており、ならばもう少し前につけて早めに動き出す選択をした方が良かったのではないでしょうか。同じ上がり時計なら、前にいる馬が先着するのは当然です。

ジョッキーにとって騎乗する馬の脚質はとても大事で、それを最大限に生かす乗り方を考えてレースに挑んでいるものですが、明らかにコース適性・馬場状態・展開などいつも通りの競馬をしていたら勝負できないと悟ったときには、多少なりとも乗り方を変えても良いと思います。

あまり見どころなく7着に敗れましたが、今回は展開が不向きだったのも確か。
ダービーの舞台は末脚が生かせる長い直線の府中、あとは馬場状態や枠順などワグネリアンが力を出し切れる条件が整えばとても楽しみです。

今年の皐月賞優勝馬に輝いたのは7番人気エポカドーロ
勝因はズバリ、敗れた人気馬とは逆の意味で『位置取り』のひと言に尽きます。

脚質的にコース適性もあるとは思いますが、離れた4番手で自分のペースを守り、前の馬を深追いせず冷静に乗っていた戸崎騎手のファインプレイ。3冠馬オルフェーヴルを父に持ち、その気難しかった父より乗りやすそうな気性らしいエポカドーロ、次のダービーへと夢が膨らみますね。

2着の9番人気サンリヴァルはタフな馬場が合うタイプなのでしょう。
勝ち馬をマークしながらロスなく騎乗し、藤岡佑騎手の思い描いたとおりの競馬ができたのではないでしょうか。

3着に粘った8番人気ジェネラーレウーノ
ハイペースで外から他馬に絡まれながらも下げることはせず、道中ずっと3頭でレースを引っ張り、直線ではそれらを振り切って3着に粘りました。普通なら力尽きてしまうところを、よく残りました。気性的に少し難しい馬らしいのですが、田辺騎手が馬の気持ちを損なうことなく、プレッシャーのかかる展開でありながら気分良く走らせていました。単騎逃げの展開になるとG1レースでもかなり怖い存在です。



Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP