平日コンテンツ

『長き憂鬱を断ち切る究極の末脚』


【2008年 新潟大賞典】

「ホッコーオウカ(その父リンドシェーバー)はすごい繁殖です。ファミリーはみな個性が違うのですが、共通するのは頭がいいこと。あの仔は前しか見なかったハルカとは正反対でしたね。余計なことも覚えてしまい、馬込みを嫌いました」
 と、佐藤淳調教助手(荒川義之厩舎)が話すのは、オースミグラスワンについて。姉兄にチューリップ賞、クイーンSなど重賞を4勝したうえ、エリザベス女王杯の2着が2回あるオースミハルカ、オースミエルスト(小倉2歳Sを2着)がいて、半妹のローデッド(フェアリーS2着)、オースミハルカの仔であるオースミイチバン(ダート交流重賞を2勝)などにも佐藤さんは跨り続けてきた。
 オースミグラスワンの父はグラスワンダー。その良さも受け継ぎ、若駒当時より乗り味の良さは一級品だったという。安藤正敏厩舎より2歳10月にデビュー。早速、京都の芝1600mで新馬勝ちを収める。あけび賞もクビ差の2着。骨折により、10か月ものブランクを経たが、さらに2着を2回続け、京都の芝1800m、ゴールデンブーツトロフィーと連勝した。
 寿Sはハナ差の2着だったものの、松籟Sを勝ち上がり、順調にオープン入り。9着、3着と成績を上げ、4歳春の新潟大賞典では大外一気を決めた。ただし、その後は長期のスランプ。12戦を消化しながらも、勝利から遠ざかった。
「毎日王冠(8着)でもメンバー中でトップの末脚(33秒6)を駆使しましたし、自信を持って臨んだ天皇賞・秋(14着)。ところが、装鞍所で放馬し、緊張の糸がぷつりと切れてしまったんです。人に従順で、調教中は真面目に走るのですが、ちょっとしたことでも過敏に反応。ときどきパニックに陥ります。他馬を怖がって急に暴れ、頭絡が外れてしまった。あの時点で馬は燃え尽きたましたよ。それ以来、不運が不運を呼ぶ感じ。いくら跳びが大きくて、器用さに欠くとはいっても、前がふさがってばかり。苦手の雨にも付きまとわれました。なかなか目標を定められず、こちらもメリハリを付けた調整ができませんでしたね」
 安藤師の引退に伴い、同馬と佐藤助手は、新規開業した荒川厩舎へ。ようやく流れは変わった。2年近くの沈黙を破り、大阪城Sを勝利。新潟大賞典では、荒川調教師にうれしい初重賞の勲章をプレゼントする。そのレース内容は、実に派手なものだった。平地中距離で史上最速とされる31秒9の上がり。
「あのときの感激といったら。積もり積もった鬱憤が晴れ、涙が出そうになりました。安藤先生もずっと気にかけていて、お祝いの電話がありましたよ。他厩舎の馬は警戒しますが、仲間には信頼を寄せるように。自分が先輩になったこともよくわかっていて、あのころは自ら若駒を先導するくらいでした。肉体面も成長しましたね。どちらかといえば前躯が勝った体型で、フォームがばらばらになりがちだったのに、トモの強化は目覚しい。スピードに乗りやすくなりました」
 結局、以降は未勝利に終わったが、未来へも語り継ぎたい個性派である。長い直線を最大限に生かし、究極の脚を爆発させた勇姿は、いまでも佐藤さんの目に焼き付いている。
「あきらめなければ、いずれいいことがあるって、前向きな気持ちにしてくれた恩馬です。グラスワンで学んだ貴重な経験を、この先の仕事へとつなげていかないと」
 


第30回 新潟大賞典GⅢ
1着オースミグラスワン 牡6 57 川田将雅  荒川義之
2着マンハッタンスカイ 牡4 54 芹沢純一  浅見秀一
3着フィールドベアー  牡5 56 秋山真一郎 野村彰彦

 単勝  520円
 枠連 3,100円
 馬連 4,550円
 馬単 8,390円

3連複  18,320円
3連単  103,310円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP