平日コンテンツ

『度重なる不運を跳ね除けた魔法の切れ味』


【2016年 京王杯スプリングカップ】

セレクトセール(当歳)に上場され、1億3000万円で落札されたサトノアラジン。稀代のスーパーホースであり、スタリオン入りしてからも日本競馬に強烈なインパクトを与え続けるディープインパクトが父。母マジックストーム(その父ストームキャット)は、米G2・モンマスBCオークスを制し、G1のスピナウェイSでも3着した。全姉のラキシスもエリザベス女王杯など重賞を2勝。サトノケンシロウ(現4勝)、フローレスマジック(現2勝、アルテミスSを2着)ら、弟妹たちも活躍している。
「トップレベルの繁殖にベストが重ねられて誕生。雄大な馬格を誇りながら、手脚は軽く、瞬発力に富んでいるのがディープらしさです。もともと心肺機能も優秀でした」
 と、池江泰寿調教師は同馬ならではの魅力を話す。
 2歳8月に新潟の芝1600mでデビュー。大外を豪快に差し切り、後続を3馬身半も突き放す圧巻のパフォーマンスを演じる。クラシック候補との呼び声が高まったものの、東京スポーツ杯2歳Sは大外を回るロスも響いて5着。窮屈な競馬を強いられたラジオNIKKEI杯2歳S(3着)に続き、共同通信杯(3着)でも2コーナーで接触する不利に泣いた。ゆきやなぎ賞(2着)は、完全に逃げ馬のペースとなってしまう。
「不運だったことも確かですし、まだまだ完成途上にあり、いかにも体が緩かった。普段は物怖じしない堂々とした態度。とても賢く、学習能力に長けていましたね」
 4か月半のリフレッシュを経て、茶臼山高原特別で順当に2勝目。九州スポーツ杯も好位から楽に抜け出し、3馬身の差を付けた。神戸新聞杯(4着)をステップに、菊花賞(6着)へも駒を進める。
 準オープンの突破に3戦を要したが、モンゴル大統領賞を一気の末脚で突き抜け、ひと皮むけた。エプソムC(2着)、富士S(2着)、マイルCS(4着)と健闘を続ける。香港Cは11着に敗れたが、この経験もプラスにして5歳シーズンの飛躍につなげた。
 ダービー卿CTは3着に終わったが、京王杯SCではスローな流れを跳ね除け、ラスト32秒4の決め手が炸裂。1馬身半の差を付ける快勝だった。
「いざとなってエキサイトしやすい傾向や馬場状態、展開にも左右されるとはいえ、ポテンシャルが違います。ようやくタイトルに手が届き、感激はひとしおでした。1400mは初めてでしたが、一段とマッチョになり、卓越した破壊力で克服。背腰の甘さが薄れ、しっかり走れるようになりましたよ」
 前残りとなった安田記念は4着。スワンSを鮮やかに差し切ったものの、マイルCS(5着)では直線で不利を受けた。香港マイル(7着)、京王杯SC(9着)と不完全燃焼。しかし、6歳時の安田記念では持ち味を存分に発揮する。大外を矢のように伸び、ついにG1の壁を突破したのだ。
 毎日王冠(クビ差の2着)を経て、天皇賞・秋で2階級制覇を狙ったが、馬場は生憎の不良。18着に終わる。これで闘志が燃え尽き、マイルCS(12着)、香港マイル(11着)とも期待を裏切ってしまう。
 それでも、種牡馬としての評価は決して揺るがない。社台スタリオンステーションで供用を開始。アラジンの冒険は未来へと継続される。きっと2世たちも、魔法の切れ味を受け継いでいるはず。いまからターフを躍動する日が待ち遠しい。
 


第61回 京王杯スプリングカップGⅡ
1着サトノアラジン   牡5 56 川田将雅  池江泰寿
2着サンライズメジャー 牡7 56 戸崎圭太  浜田多実雄
3着ロサギガンティア  牡5 57 Mデムーロ 藤沢和雄

 単勝  450円
 枠連 1,420円
 馬連 4,380円
 馬単 7,420円

3連複  6,590円
3連単  39,380円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP