平日コンテンツ

『得意の舞台で結実した懸命な魂』


【2011年 平安ステークス】

HBAサマーセール(1歳)にて1450万円で落札されたダイシンオレンジ。2歳11月に栗東へ移動したころはトモが弱く、スタートダッシュが苦手だった。ようやくゲート試験に合格したのが2月末。新馬戦も終了し、4月の未勝利(阪神の芝2000mを8着)でデビューする。ターフでの3戦は大きく離されてゴール。初勝利は遠いかと思われた。
 ところが、想像以上の成長力を秘めていた。3か月ぶりとなった小倉の芝1800mは6着に終わったとはいえ、追い切りの反応がぐっと良化。ラストチャンスとなる未勝利戦に阪神のダート1800mを選択すると、2番手からあっさり抜け出し、4馬身差の快勝を収める。
 芝・ダートを問わずに走り、海外でも香港Cを制したアグネスデジタルが父。母アシヤマダム(その父ラシアンルーブル)は未勝利だが、同馬の半兄にブイロッキー(3勝、ユニコーンSを2着、名古屋優駿3着)らがいて、やはり砂適性が高い遺伝子を受け継いでいた。
 昇級の壁もなかった。4か月間、英気を養い、1月の京都(ダート1800m)も連勝。大津特別(3着)を経て、3月の阪神(ダート1800m)で3勝目をマークした。
 上賀茂S(3着)、名古屋城S(10着)、鷹取特別(5着)と成績は上下したものの、安定した先行力を駆使。夏場のリフレッシュ後も堅実に前進する。京都のダート1800mを2着、1着。ゴールデンスパーT(8着)こそ伸び切れなかったが、ますますパワーアップされ、初夢Sを勝ってオープン入りを果たす。
 初挑戦となった重賞、平安Sでも半馬身差の2着に食い下がった。大切に素質を磨いてきた陣営の努力が実ったのがアンタレスS。いつもより後ろめの位置取りとなったが、追い出しを待つ余裕があった。鮮やかな差し切りを決める。
「自分のリズムを守った結果。前がやり合ってくれ、ちょうどいいペースだった。期待通りの伸び。それにしても強かったね」
 と、主戦の川田将雅騎手は、こう晴れやかな笑顔を浮かべた。
 秋の再スタート後はみやこS(11着)、JCダート(8着)と振るわなかったが、冬場に調子を上げるのが同馬のパターン。さらに攻めを強化できた。
 そして、平安Sで2つ目のタイトルを奪取する。正攻法のかたちで運び、早めに先頭へ。息の入らないペースだったが、ぎりぎり待機勢の強襲を退けた。
「京都コースとの相性は抜群だし、調子も絶好。負けられないと思っていたんだ。向正面から他馬に来られ、決して楽ではなかったのに、よく踏ん張り通してくれた。いつも一生懸命。ほんと頭が下がるよ」(川田騎手)
 結局、これがピーク。それでも、7歳時の名古屋大賞典(2着)、翌年の同レース(3着)をはじめ、大崩れせずに健闘を重ねる。
 ラストランは思い出の平安S(14着)。新冠タガノファームで種牡馬となった。生産頭数は3、1、2頭と極めて少ないなか、ダイシンステルラ(牝3)がJRAで貴重な勝利を挙げている。懸命な魂を受け継いだミラクルホースの出現を待ちたい。
 


第18回 平安ステークス(GⅢ)
1着ダイシンオレンジ 牡6 57 川田将雅  庄野靖志
2着インバルコ    牡5 56 Uリスポリ 池江泰寿
3着サクラロミオ   牡6 56 藤岡佑介  羽月友彦

 単勝  280円
 枠連  830円
 馬連 1,050円
 馬単 1,740円

3連複  3,190円
3連単  11,220円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP