平日コンテンツ

『父譲りのルックスに秘められた強靭な爆発力』


【2015年 優駿牝馬】

 セレクトセール(1歳)にて1億円で落札されたミッキークイーン。母ミュージカルウェイ(その父ゴールドアウェイ)は仏G2・ドラール賞など重賞を3勝した名牝であり、G1での3着も3回ある。配された父は稀代のスーパーホースであり、スタリオン入りしてからも日本競馬を牽引するディープインパクト。全姉兄にインナーアージ(4勝)、トーセンマタコイヤ(現5勝)がいる。
「セールの下見でも、牝では抜けていると思いました。ノーザンファーム空港でも大切に育てられ、2歳10月に入厩。小柄で機敏に動け、仕上げやすい個性です。当初から突出したポテンシャルが伝わってきましたよ」
 と、池江泰寿調教師は若駒当時を振り返る。
 阪神の芝1400mで迎えた新馬戦は2着。それでも、次位をコンマ8秒も凌ぐ33秒7の決め手がきらりと光った。続く未勝利を楽々と差し切り。わずかクビ差に泣いたクイーンC(2着)でも、直線で爆発させた伸びは圧倒的なものだった。
「ソフトに、ソフトに接していても、しばらくはテンションが高く、飼い葉を残しがちでした。クイーンCでの20キロものマイナス体重は、中間に減らしたもの。ただし、イメージ以上に芯が強く、輸送が堪える馬ではないんです。3冠を狙えると思っていただけに、桜花賞の除外は無念でしたが、参加できたとしても特殊な展開(スローペースを生かしてレッツゴードンキが逃げ切り)となりましたし、忘れな草賞で距離延長も克服。ゲートさえ5分なら、オークスで頂点に立てると信じていました」
 嗜好を探って飼料の配合を工夫するなど、努力を重ねた成果が表れ、馬体も回復。ライバルたちが馬なりに終始していたのに、同馬だけは直前も一杯に追い切れた。そして、狙い定めた晴れ舞台では瞬発力の違いを遺憾なく発揮する。
「パドックでイレ込む馬が多いなか、この仔は発汗も目立たず、落ち着いていましたね。ジョッキー(浜中俊騎手)とは、1コーナーまである程度は促すよう、打ち合せました。思い描いたポジション。ペースも想定どおりでした。直線も脚がありそうに見え、これは捕えられると力が入りましたよ。私自身、牝のクラシックに勝つのは初めて。ディープインパクト産駒でも初のG1になります。こみ上げてくるものがありました」
 ローズSは出遅れが響き、2着に敗れたとはいえ、メンバー中で最速となるラスト33秒8の末脚を駆使。当然、先を見据えた態勢にあり、上積みも見込めた。課題のスタートを決めて、直線で力強く馬群を割り、秋華賞を鮮やかに差し切った。
 ジャパンC(8着)は不利が響いた結果。翌春は阪神牝馬S(2着)、ヴィクトリアマイル(2着)と、あと一歩の健闘を続ける。以降は左前の繋靭帯に不安を抱えながら歩むこととなったが、エリザベス女王杯(3着)、有馬記念(5着)も崩れなかった。
   阪神牝馬Sで復活の勝利。ヴィクトリアマイル(7着)、宝塚記念(3着)、エリザベス女王杯(3着)、有馬記念(11着)を走り抜け、無事に繁殖入りした。
「見た目が頼りなく、線が細いのはディープ譲り。でも、非凡なバネや柔軟性がストレートに生きている。父(ディープインパクトを管理した池江泰郎調教師)は『ディープは中身で走るんだ』とアドバイスしてくれます。改めて血の偉大さを実感させられますね。きっと産駒たちにも、すばらしい才能が伝わるでしょう」
 


第76回 優駿牝馬GⅠ
1着ミッキークイーン 牝3 55 浜中俊  池江泰寿
2着ルージュバック  牝3 55 戸崎圭太 大竹正博
3着クルミナル    牝3 55 池添謙一 須貝尚介

 単勝  680円
 枠連  780円
 馬連 1,160円
 馬単 3,030円

3連複  4,140円
3連単  20,150円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP