平日コンテンツ

『名将に届けた唯一無二の喜び』


【2014年 日本ダービー】

 2014年のダービーで栄光をつかみ取るまでに、JRAでの重賞勝利が89勝に到達していた橋口弘次郎調教師(16年2月に引退。重賞を通算96勝)。ただし、ダービーに関しては過去に19頭もを送り込みながら、ダンスインザダーク、ハーツクライ、リーチザクラウン、ローズキングダムによる2着が最高着順だった。競馬の祭典に参加できるチャンスは2世代を残すのみとなっていた。しかも、ついに宿願を運ぶこととなるワンアンドオンリーは ハーツクライの産駒であり、父子2代に渡る夢も託されている。
 名将は感慨深げに幸運な出会いを振り返る。
「ホースマンにとって、究極の目標がダービー。今度こそはと執念を燃やしているうちに、定年が近づいていた。すべてが噛み合わないと勝てないことは、嫌というほどわかっていたけれど、また新たな望みを抱いてチャレンジできたのは幸せだったよ。ハーツの期待馬だからって、オーナーから依頼されたのは当歳時。ぱっちりした瞳や流星など、顔つきがよく似ていてね。バランスも取れていて、垢抜けた雰囲気だった。4歳で有馬記念に勝つ以前は、押しても行けなかった父だけど、母系の特徴ともうまくマッチ。この仔はより軽々と動ける。仕上がりも早かった」
 母ヴァーチュ(その父タイキシャトル)はマイル以下で3勝をマークした。祖母の半弟にノーリーズン(皐月賞)、グレイトジャーニー(シンザン記念、ダービー卿CT)がいる。
 大山ヒルズでの乗り込みは順調に進み、2歳6月に栗東へ。だが、精神面には幼さが残っていた。8月の小倉(芝1800m)で迎えた新馬戦は12着に惨敗してしまう。
「馬っけを出し、蹴って、蹴って。環境の変化に緊張し、レースの前に燃え尽きていたよ。それでも、物覚えは早く、2戦目以降は気持ちをコントロールできた。調教は目立たないタイプとはいえ、きちんと集中できるようになり、ラストの伸びが変わってきてね。これならば、もしかしてと感じ始めたなぁ」
 阪神の芝1600mを2着し、中2週で臨んだ同条件を鮮やかに差し切った。萩ステークスもハナ差の2着まで迫る。
「東京スポーツ杯2歳S(6着)はもうひとつ伸び切れなかったけど、初の遠征、左回り、レコード決着と、慣れない条件が重なったなか、内容は悪くなかった。ラジオNIKKEI杯2歳Sも、周囲の評価(7番人気)以上に走れると見込んでいた。1番人気に推されたサトノアラジンとは前走でもアタマ差。また中身がしっかりしてきた実感もあったんだ」
 そして、みごとに初のタイトルを手にする。馬群を巧みにさばき、ラストで一気に差を広げる完勝である。
「ハーツも内弁慶なところがあって、普段は激しさを見せたが、鞍を着けたら堂々としたもの。根性が据わっていたよ。だんだん環境の変化に動じなくなり、父みたいになってきた。奥深い血を受け継いでいるだけに、伸びる余地も見込める。長めの離も大丈夫。晴れ舞台から逆算して、大切に仕上げられたね」
 弥生賞は抜群の末脚を繰り出し、わずかハナ差の2着。後方の位置取りが響き、4着に敗れた皐月賞でも、大外からメンバー最速の上がり(3ハロン34秒3)で追い上げた。  そして、いよいよ決戦のときがきた。前走を踏まえ、横山典弘騎手はスタートに集中。好位をキープする。内枠を生かし、ロスのないコース取り。多少、行きたがる面を見せても、余力は十分にあった。直線では2冠目を狙うイスラボニータの外へ持ち出し、長い追い比べが続いたが、馬も渾身のムチに応え、みごとにねじ伏せた。
「横山ジョッキーは感性で乗る男。いらぬことを言って邪魔したくなくて、レース前はなにも伝えなかったよ。並びかけたら、負けないという自信はあったけど、やはりダービーは格別。最高の喜びを味わえ、ワンアンドオンリーに感謝するしかない」
 秋シーズンは神戸新聞杯を制して好スタート。しかし、菊花賞(9着)を走り終え、闘志が燃え尽きてしまった。ドバイシーマクラシックで3着に健闘しながら、22連敗を重ねる。6歳時のジャパンC(16着)がラストラン。アロースタッドで種牡馬入りした。
 競走生活の後半は苦難の日々を送ったとはいえ、橋口師にワンアンドオンリー(唯一無二の意)のプレゼントを届けた同馬。産駒たちも、人の気持ちを敏感に察知し、懸命なパフォーマンスを演じるに違いない。
 


第81回 東京優駿GI
1着ワンアンドオンリー 牡3 57 横山典弘 橋口弘次郎
2着イスラボニータ   牡3 57 蛯名正義 栗田博憲
3着マイネルフロスト  牡3 57 松岡正海 高木登
4着タガノグランパ   牡3 57 菱田裕二 松田博資

 単勝  550円
 枠連  800円
 馬連  850円
 馬単 1,860円

3連複  27,470円
3連単  103,300円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP