平日コンテンツ

『さらなる進化を予感させた最初の頂』


【2015年 安田記念】

HBAトレーニングセールに上場され、公開調教では2ハロン21秒8の一番時計をマークしたモーリス。ノーザンファームが1000万円で落札した。
 ジャパンCを制したスクリーンヒーローのファーストクロップ。母メジロフランシス(その父カーネギー)は未勝利に終わったが、祖母メジロモントレーがアルゼンチン共和国杯、アメリカJCCなど重賞を4勝した女傑である。名門・メジロボサツ、メジロゲツコウ、メジロドーベルなどが近親となるメジロ牧場が大切に育てた母系。同馬の全弟にあたるルーカス(東京スポーツ杯2歳Sを2着)も、将来の飛躍が期待される逸材だ。
 早くから鍛えられていただけあって、2歳時から頭角を現し、京都の芝1400mをレコード勝ち。京王杯2歳S(6着)を経て、万両賞も楽々と突破する。折り合い面に難しさを抱えながら、シンザン記念(5着)、スプリングS(4着)、京都新聞杯(7着)、白百合S(4着)と、トップクラスを相手にも崩れなかった。
 8か月間、大切に充電期間を割かれ、美浦の堀宣行厩舎に転厩。8歳にして生涯最高の強さを発揮したキンシャサノキセキ(高松宮記念2回)に象徴されるように、長期的な未来図を描き、プロらしい仕事を施してきた陣営の英知が注がれ、一気の快進撃が始まった。出遅れながらも、若潮賞、スピカS、さらにダービー卿CTを連勝。破格の決め手を発揮し出した。
 初めてG1の高いハードルに挑んだ安田記念では、好位追走がかなう。満を持してゴーサインを送り、堂々と先頭へ。じっくり脚をためたヴァンセンヌの強襲もクビ差で退け、早くも頂点を極めた。
 堀調教師は、こう静かに喜びを噛み締めた。
「この舞台でも1番人気に推されました。短期間で急に支持を受けるようになったなか、それに応えられてほっとしましたよ。この馬にかかわったみなさんに恩返しができ、良かったです。
 レース前はちょっと気負っている感じがありました。背腰の痛みをしっかり取らないと、いいパフォーマンスができない特徴がありますが、2か月ぶりとなれば直前に強く負荷をかける必要もあり、調整のさじ加減は難しかったですね。マイルの流れに助けられたように思います。
 ジョッキー(川田将雅騎手)は、以前にも乗っていましたし、個性も把握していました。特にゲートが課題。まだ改善を図っていく途上にありますので、そのあたりを重点に話し合いましたよ。
 前走より枠内の駐立は良くなかったですし、暴れないか心配でしたが、一歩目をしっかり出せたのは打ち合せ通り。練習をするなかで、スタッフともどもスタートが苦手な原因もはっきりつかんでいて、それの対処に努めています。2歳時の調教VTRを見ても、舌を出して走ることが多かった。それで今回は縛ってみて、ゲート内でもハミをしっかり受けさせ、ダッシュを決めたいと意図したわけです。でも、道中は思ったよりかかっていましたね。でも、さすがに勝負どころがわかったジョッキーです。2着馬が迫っているのをわかっていて、いいタイミングで追い出してくれました。
 転厩してきた当初の感触では、持ち味を生かすのに距離を延ばしたいと思っていました。マイルの流れでは無し崩しに脚を使ってしまい、終いが甘くなりそうに思えたんです。依然として行きたがっていて、まだ完成への道程は遠いですね。
 これだけ短い間に、G1まで登り詰めるとは、まったく想像していませんでした。気性が邪魔して順調にいかないこともありますし、ずっと手探りで接してきました。ローテーションにも気を遣いました。安田記念の前に1走すると、いい状態を臨めない。そのなかでも、じわじわといい方向へ向かっているように感じています」
 慎重に状態を見極め、マイルCSへ。ライアン・ムーア騎手のアクションに応え、あっさり抜け出す。香港マイルも鮮やかな差し切り。5歳春はチャンピオンズマイルを快勝。安田記念(2着)、札幌記念(2着)で苦杯を喫したとはいえ、2000mへも守備範囲を広げ、天皇賞・秋に完勝した。さらに強靭さを高め、引退レースとなった香港Cも楽々と突き抜ける。
 種牡馬としても期待は大きく、一流の繁殖に配合されている。きっと産駒たちも、世界の頂を目指して羽ばたくに違いない。
 


第65回 安田記念GⅠ
1着モーリス   牡4 58 川田将雅 堀宣行
2着ヴァンセンヌ 牡6 58 福永祐一 松永幹夫
3着クラレント  牡6 58 田辺裕信 橋口弘次郎

 単勝  370円
 枠連  990円
 馬連 1,740円
 馬単 2,680円

3連複  40,690円
3連単  127,190円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP