平日コンテンツ

『豪華な系譜を彩る一閃の切れ味』


【2011年ラジオNIKKEI賞】

 友道康夫調教師にとって、ハルーワスウィート(その父マキアヴェリアン)との出会いはかけがえのないもの。自身も5勝をマークしただけでなく、ヴィルシーナ(ヴィクトリアマイル2回)、シュヴァルグラン(ジャパンC)、 ヴィブロス(秋華賞、ドバイターフ)らの母となった。
「真っ先に預託が決まったメモリアルホースがハルちゃん。技術調教師だったころ、早来のノーザンファームを訪ねたら、まだ生後3カ月くらいだった彼女がいました。生まれつきしっぽがなくて、特異なスタイル。めずらしいなぁって熱心に眺めていたら、吉田勝己社長が『見た目は変だけど、素質は確かだよ。開業したら持って行けばいい』って。デビュー以来、けなげにがんばる姿に励まされましたよ。かわいそうなのは、虫が発生しやすい夏場です。他馬のようにしっぽを使って追い払えませんから。だから、涼しくて寄ってくる虫も少ない北海道シリーズを使ったんです」
 と、トレーナーは懐かしそうに振り返る。
 ハルーワスウィートの母がハルーワソング(その父ヌレイエフ)。アメリカ産で未出走だが、ヴェルメイユ賞(仏G1)を制したメゾソプラノが半妹にいる。曽祖母のグローリアスソングがカナダの年度代表馬に輝いた名牝であり、シングスピール、ラーイ、ラキーンといった名種牡馬を産んだ。
 ハルーワソングにトップサイアーのディープインパクトが配されて誕生したのがフレールジャック。全弟にあたるマーティンボロ(中日新聞杯、新潟記念)とともに、同馬もトレーナーに大きな夢を運んだ逸材だった。
 ノーザンファーム空港で乗り込まれ、2歳5月に近郊のグリーンウッドトレーニングへ移動したフレールジャック。8月には栗東に入厩したものの、左トモに打撲によるしょう液がたまってしまい、山元トレセンで再調整することとなった。年末に再入厩したが、今度は右前を挫跖。NFしがらきで態勢を整え直した。
 ずいぶん遠回りしてしまったとはいえ、5月25日の遅生まれだけにこの間の成長は顕著だった。3月の帰厩後は上々の反応を示す。
「以前はやんちゃでしたが、だいぶ大人っぽい雰囲気に。期待どおりに進歩しました。小さなスタイルなのに、動かすと大きく見せるんです。追い切りに跨った福永くん(祐一騎手)も『ディープらしくバネがあり、柔軟に弾む』と乗り味を絶賛してくれた。初戦から勝ち負けを意識していましたね」
 5月の京都、芝1800mをあっさり勝利。昇級の壁もなく、続く同条件も危なげなく突破した。ラジオNIKKEI賞に駒を進めた。
 スムーズに好位のポジションをキープ。1コーナーでプランスデトワールが逸走するアクシデントがあったが、巻き込まれずに向正面へ。4角から徐々に差を詰め、直線は外に持ち出す。エンジンがかかってからの瞬発力は目を見張るものがあった。きっちり差し切って栄光のゴールに飛び込んだ。
 鮮やかなパフォーマンスに、福永祐一騎手も驚きの表情を浮かべた。
「キャリアが浅く、少しずつしっかりしていく途上。初の長距離輸送でナーバスになっていたし、スタートまでイレ込みがきつかったよ。それを跳ね除けるんだから、並みの能力ではない。レースでも前半から行く気満々で。落ち着くのに時間がかかり、最後まで脚が残っているか不安だったが、しっかり走り抜いてくれた」
 神戸新聞杯では、オルフェーヴル、ウインバリアシオンに続く3着。さらなる飛躍が予感されたものの、距離の壁に阻まれ、菊花賞で10着に沈む。適距離に戻した鳴尾記念(4着)や東京新聞杯(7着)でも、折り合いの難しさに泣いた。
 しっかり立て直され、4歳9月の西宮Sを順当勝ちしたが、なかなか心身が噛み合わず、消化不良のレースを繰り返した。そのなかでも、ニューイヤーSを2着するなど、後方待機から末脚を生かすスタイルが定着しつつあったところで、思わぬ悲劇が待ち受けていた。中京記念で左前脚を脱臼するアクシデント。突然、この世を去ってしまう。
 輝きを放った時期は短かったものの、強烈なインパクトを残した逸材だった。無念の気持ちは、現役のシュヴァルグラン、ヴィブロス、さらに一族の若駒たちに託される。天国のフレールジャックも、きっと後押ししてくれるだろう。
 


第60回 ラジオNIKKEI賞GⅢ
1着フレールジャック 牡3 54 福永祐一 友道康夫
2着マイネルラクリマ 牡3 56 松岡正海 上原博之
3着カフナ      牡3 55 柴田善臣 池江泰寿

 単勝  460円
 枠連  770円
 馬連 1,350円
 馬単 2,420円

3連複  1,710円
3連単  8,390円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP