平日コンテンツ

『灼熱の季節に揚げる真っ赤な気炎』


【2011年 七夕賞】

「冬場が体が硬くなりがちなのに、気温の上昇とともに身のこなしがスムーズになるのが特徴。代謝が良くなり、馬体の張りもぐんぐん良くなる。典型的な夏女でした」
 古川慎司調教助手がこう振り返るのは、2011年のサマー2000シリーズでチャンピオンに輝いたイタリアンレッドのこと。7、8月に限定すれば、6戦6勝というパーフェクトな成績を収めている。
 ヴィクトワールピサ(ドバイワールドC、有馬記念、皐月賞)を筆頭に、スーパーホースを送り出しているネオユニヴァースが父。ファーストクロップから登場した一頭であり、ロジユニヴァース(ダービー)、アンライバルド(皐月賞)らが同期となる。母バルドネキア(その父インディアンリッジ)はアイルランド生まれで、G3・プシケ賞など仏伊で4勝、伊オークスでも2着した。祖母のローザデカーリアンも重賞を2勝している名門ファミリーの出身だ。
 東京サラブレッドクラブにて総額1800万円で募集された同馬は、社台ファームで順調に乗り込まれ、2歳の9月には栗東へ。ただし、デビューを間近にして両前のヒザ裏に軽い腫れが見られたことから、大事を取って休養に入る。帰厩したのは翌春のこと。挫跖するアクシデントなどもあり、競馬場への初登場は6月の中京(芝1800m、3着)にずれ込んでしまう。
「小倉巧者のイメージが強いかもしれませんが、当初は輸送でテンションが上がってしまって。2戦目(小倉の芝2000m)と500万下(同場の芝1800m)は、能力だけで連勝したものですよ。もともと手脚はすごく軽く、つなぎが柔らかくてバネもある。一瞬の脚は相当の速さです。最大の課題は、自己主張がはっきりしたメンタル面でした。ローズS(15着)では激しく折り合いを欠き、当時の不安が全部出た感じ。その後に半年間、ゆっくり休ませたことで、落ち着いてレースに臨めるようになりました」
 リフレッシュ明けの4戦は、出遅れが響いて勝ち切れなかったものの、4歳夏の小倉では対馬特別、西海賞と連勝。続くムーンライトHも豪快に差し切って、一気にオープンへと登り詰めた。
「あのころになると、ゲート内でじっとしなかったり、勝負どころで遊んだりする危うさも薄れてきましたね。ペースコントロールも利くようになり、安定して走れる下地ができたんです」
 アンドロメダS(10着)、愛知杯(4着)と歩んだところで、しっかり英気を養った。体力の向上は目覚ましく、出走後のダメージも短期間で癒えるようになったという。
「震災の影響で目標を定めることができず、急遽、臨むことになった福島牝馬Sは5着。久々に加え、実質3週間の慌しい仕上げでしたので、むしろ力を再認識しましたよ。順当に調子を上げ、マーメイドS(4着)時も自信を持っていたのですが、4コーナーでの不利が痛かった」
 52キロのハンデに恵まれたうえ、クビ差の辛勝だった七夕賞。それでも、内容は濃いものだった。想定よりも後ろの位置取り。ペースが落ちた向正面ではしきりに行きたがる素振りを見せる。勝負どころで手綱を緩めると、我慢できずに一気の加速。外が伸びる馬場状態とはいえ、一か八かの強引なパフォーマンスだった。上がってきた中舘英二騎手も「本当に勝っちゃったの」と戸惑いの表情。決して会心の騎乗といえないなか、勝ち切ったあたりは評価に値した。
「ようやく鬱憤を晴らせ、勇気を与えられた。馬も自信を深めたようで、とても気分が良さそうでしたね」
 続く小倉記念はハンデが3キロも増量。最も実績を残しているコースにもかかわらず、4番人気に甘んじた。だが、灼熱の季節を迎え、ますます状態がはアップしていた。大外を悠々と抜け出し、コンマ3秒差の完勝。コースレコード(1分57秒3)を叩き出した。
 秋になっても勢いは衰えず、府中牝馬Sに優勝。普段は寡黙な石坂正調教師が浮かべた笑みが忘れられない。「きょうは季節外れの夏日和。この仔に向いたんじゃないかな」
 エリザベス女王杯(9着)を走り終えると、引退レースの中山牝馬S(14着)まで間隔を開け、過剰に消耗することなくターフを去ったイタリアンレッド。いまのところ産駒の勝利はバレーノロッソ(牡3)による1勝のみだが、目を見張る爆発力を受け継いだ逸材が続々と誕生するに違いない。
 


第47回 七夕賞GⅢ
1着イタリアンレッド 牝5 52 中舘英二 石坂正
2着タッチミーノット 牡5 55 三浦皇成 柴崎勇
3着アニメイトバイオ 牝4 55 後藤浩輝 牧光二

 単勝  1,770円
 枠連   620円
 馬連  3,950円
 馬単 11,100円

3連複  13,120円
3連単  84,620円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP