平日コンテンツ

『道半ばで散った真夏の恒星』


【2013年 サマーチャンピオン】

09年3月にコールダー競馬場で開催されたファシグティプトン社の2歳トレーニングセールに上場され、公開調教では2ハロン21秒4のタイムをマークしたエーシンウェズン。42・5万ドルの値を付けた高級外車である。
 父トリッピはエンドスウィープの後継であり、G1のヴォスバーグSなどに優勝した。母エクストラエンブレム(その父アワエンブレム)は米2勝。祖母の全弟ボーナポーもヴォスバーグSを制している。
 2歳の8月には栗東へ移動。自ら跨った野中賢二調教師は、すぐに非凡な才能を感じ取ったという。
「栄進牧場久世育成センターで調整されていたとき、ひと足早く祐一くん(福永騎手)が騎乗していて、『すごく反応がいい』と伝えてくれた。確かに、やればいくらでも動きそうな手応え。でも、能力に体が付いてこない状況だったよ。慎重な仕上げが求められた。気性も若く、スイッチの入り方が極端。新馬戦(9月の阪神、芝1600mを2着)だって、逃げていたら勝てただろうが、それでは先につながらない。引っかからないように配慮した結果だった」
 レース後は筋肉痛に悩まされたり、立ち直りに時間がかかった。2か月の間隔を開け、京都の芝1600mで初勝利。だが、懸命のケアも実らず、ラジオNIKKEI杯2歳S(7着)以降の5戦は、あと一歩で勝利に届かない。半年間の休養に入る。
 3歳11月の京都ではダート1400mを試し、あっさり2勝目を挙げた。12月の阪神(ダート1400mを3着)、八女特別(8着)と戦い、再度のリフレッシュへ。
「弱さが残る蹄のことを考えてダートに目を向けたけど、復帰緒戦にしても躓き、落馬寸前になる危うさ。前方に重心が片寄り、どうも走りのバランスが悪い。まだ無理できなかった」
 これまでのイメージを覆す鋭い決め手を発揮した阪神の芝1400m(2着)。中身が伴ってきたのは明かで、四国新聞杯を順当に差し切った。フリーウェイS(9着)は重馬場に泣いたものの、朱雀S(2着)で巻き返し。入念にゲート練習を繰り返していても、湘南S(9着)以降は出遅れに泣かされ、1000万に降級しても4戦を惜敗。しかし、久々に目を向けたダート(阪神の1400m)で一変し、3馬身差の圧勝。続く鳴門Sも危なげなく連勝を飾る。
「トレーニングセール出身とはいえ、決して早熟ではない。依然として攻め切れているわけではなかってし、骨格を考えれば、もっと筋肉が備わっていいくらいだった。そんなかでも着々とパワーアップ。砂戦線の重賞でも通用する手応えを感じ始めていたね」
 オアシスS(6着)で軽い骨折に見舞われながら、6か月ぶりの霜月Sを楽々と抜け出す。カペラSも2着に健闘。不向きな展開に阻まれ、根岸S(5着)、フェブラリーS(13着)、プロキオンS(11着)と足踏みしたが、かつて苦手としていた暑い季節に差しかかっても、状態はますますアップしていく。そして、サマーチャンピオンに優勝。末脚で勝負する個性だけに、地方の小回りへの対応が課題だったが、向正面で一気に進出して後続を完封した。
「だいぶ競馬を覚え、柔軟な立ち回りができたのは収穫。身体の充実とともに、精神面も大人になった。6歳になったとはいっても、伸びる余地はたっぷり残されていたよ」  オーバルS(4着)を走り終えると、半年間は充電。すばるSで戦列に復帰する。ところが、右前に重度の骨折を発症して競争中止。道半ばでこの世を去ってしまった。
 陣営の深い愛情に包まれ、懸命に30戦を戦い抜いた同馬。あまりに悲しい最期ではあったが、ウェズン(冬の星として知られるおおいぬ座の恒星)との名に反し、真夏に放った輝きは永久に鮮明なままである。後輩たちの道しるべとなり、未来の栄光へと導くに違いない。
 


第13回 サマーチャンピオン(JpnⅢ)
1着エーシンウェズン 牡6 56 川田将雅 野中賢二
2着ガンジス     牡4 57 蛯名正義 矢作芳人
3着コスモワッチミー 牡5 52 赤岡修次 田中守

 単勝 640円
 枠連 250円
 馬連 250円
 馬単 950円

3連複  9,010円
3連単  39,200円




Copyright © 2006 WORLD, Inc All Rights Reserved.
このサイトに掲載の記事・写真・映像などの無断複製、転載を禁じます。すべての著作権はWorldに帰属します。

前のページへ戻る

PAGE TOP